これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

キッチンの大掃除を簡単に行うには100均グッズを使って手順を守る事!

   

スポンサードリンク

大掃除 キッチン
大掃除の際、キッチンは掃除をやる前から気分が沈む場所の1つです。
汚れが落ちにくいので時間がかかる上に、段々とイライラしてきます。

「キッチンは女の園」なんて言われているので
旦那さんもあまり手伝ってくれない場所ですよね。
だから余計に億劫になる。
悪循環です。

でも大丈夫。最近では100均でキッチン掃除の便利グッズが
たくさん出ているので汚れとの格闘時間も以前に比べれば短くなるはずです。

スポンサードリンク
  

キッチンの大掃除を簡単に行うポイントはこれ!

できるだけ家にある物を使って掃除を行いましょう。
容量の多いゴミ袋や使い古しの歯ブラシ、
綿棒などはどこの家庭にもある物です。
これらを使ってさあキッチン掃除を始めましょう!

まずはレンジフードを。

掃除を行う日を決めたら前日の夜にシンクに付け置きをしておきましょう。
こうする事で油汚れが浮いてくるので、
当日にはこすり洗いをすれば汚れがキレイに落ちるはずです。

※シンクに付け置きが無理なら大きいゴミ袋に
レンジフードの部品を分けて入れ、付け置きしてください。
場所は浴槽に置いておけば、もし袋が破れて水漏れしても片付けが簡単です。

次にレンジや冷蔵庫などの家電製品を。
取外しできるものは分解して洗います。
内部はゴミなどを取り除き、拭き掃除をした後アルコール消毒すればOKです。

※食品が触れる場所なので重曹を使えば安心です。

最後にシンクを。
スポンジを置いている網棚や排水の部品は取り外して古い歯ブラシやたわし、
スポンジを使って磨いてください。

これらは使い終わったら捨てられるので付いた汚れは気にしなくていいです。
また、果物の柑橘類の皮があれば使用できます。
水垢や洗剤残りの白い汚れに効果的です。

~注意点~
水ではなくお湯を使う事!
油汚れにはお湯が適しています。

キッチンの大掃除に役立つ100均グッズが出ています。

今の時代100均に無い物は無い!と言う位様々な物があります。
お掃除グッズも例外ではありません。
こんなものまで?や、これが100円?と言うものがたくさんあります。

キッチンの大掃除に使えそうな100均グッズを探してみました。

クエン酸・・・水垢、石鹸垢を落とすのに右に出る物はありません。
       汚れを落とすだけでなく、除菌までできるので重宝します。

セスキ炭酸ソーダ・・・たんぱく質を分解するので油汚れを落とすのにぴったりです。
           また、掃除に手荒れは付き物ですが、それも回避できる優れものです。

重曹・・・油汚れに大変有効です。粒状、水状など色々な状態にして使う事が可能です。
     汚れ落としに加え、消臭効果もあります。

激おち君(スポンジ)・・・洗剤を使う事無く水垢や洗剤のカスを落としたい時にはこれ。
             こすればみるみる内にピッカピカになります。 
            
排水溝ブラシ・・・排水溝の入り口を洗える物と、内部まで洗える物と2種類あります。
場所別で使い分けをしてください。
         手の届かない奥の部分が洗えるブラシは使って損はありません。
         入り口用のブラシは使い古しの歯ブラシでも代用が可能です。

パイプクリーナー・・・排水溝の掃除が終わったらこれを使ってパイプの掃除を行いましょう。
           ブラシをしてもまだ残っている汚れやゴミを溶かして
排水管をキレイにしてくれます。
オレンジクリーナー・・・油汚れに吹きかけて10分程置いておきます。
その後濡らしたタオルで拭きあげればキレイに汚れが落ちます。

アルカリ電解水クリーナー・・・レンジの中の汚れにぴったり。
全体に吹きかけて濡らしたタオルで拭きあげると
ベタベタ汚れもしっかり落ちます。

               無臭なので拭いた後も臭いが気にならないのが良いです。

アルコール除菌スプレー・・・掃除が完了したらアルコールで除菌をしましょう。
              キッチンの他、冷蔵庫やレンジの中などあらゆる場所に使えます。

ステンたわし・・・キッチンの焦げや換気扇の頑固な汚れなど、
普通のたわしで落ちなかった汚れに使います。

歯ブラシ・・・細かい汚れ落としに最適。本数が入ったものならコスパも良いです。

綿棒・・・隙間や隅っこの汚れを取るのに使えます。
先の細い物などバリエーションが豊富なので
場所別、用途別に選べるので便利です。

キッチンの大掃除を手際よく行う手順を紹介します。

大掃除 キッチン
掃除の鉄則はキッチンに限らず「上から下へ」です。
それでもキッチンは掃除の範囲が広いので
どこから手を付けたら良いのか悩みますよね。

掃除の手順は下記のような順で行っていけば良いかと思います。

①換気扇
②コンロ
③冷蔵庫
④電子レンジ
⑤キャビネットの内部
⑥シンク廻り

キッチンの大掃除は毎日の汚れの残り具合によって1日で終わらない場合も出てきます。
使い終わった後の汚れは毎日拭き取ったり洗ったりして汚れを溜めないようにして置きましょう。

そうすれば大掃除の時にキッチンに費やす時間を多少なりとも短縮する事が可能になります。
日頃どうしても届かない場所や分解しないと洗えない物、
汚れが頑固になってしまった物を大掃除の時に重点的に行うようにしておきましょう。

それぞれの場所には物が存在します。
これらは1度、全て出してしまってから拭き掃除などを行いましょう。
置き場所はレジャーシートを広げて
リビングに置いておくなどすれば掃除の邪魔になりません。

手順は自分のやり方に変えても大丈夫ですが、
シンクは必ず最後に掃除してください。

まとめ

主婦歴が長くなってくるとキッチンの大掃除の仕方もほぼ決まっているかもしれません。
しかし、ここで1度掃除の仕方を見直してみましょう。

今までやっているようでできていなかった事がほんの少しでも見えてくるかも?
毎日使う場所だからこそ、少しの心がけで大掃除の手間を減らす努力をしてみませんか。

キッチンをキレイにしておけば毎日の料理もきっと楽しくなりますよ。

スポンサードリンク

 - 生活 , , , ,