これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

年末調整って?生命保険控除の方法と書き方!一体いくら戻ってくる?

   

スポンサードリンク

年末調整 生命保険
年末調整の控除ってよくわからないですよね。

私も実はよく分からなくて、
書き方とお金が戻ってくるとかややこしそうで…

あれこれ調べたんです。

そこで同じように悩んでる方のために、
年末調整の生命保険控除について書かせていただきます。

スポンサードリンク
  

年末調整!生命保険の控除とは

1年間に自分が支払った保険料によって一定の金額を年収から引いてもらえるんです。

ということは所得がへることになります。

私たちが毎年支払っている税金は所得によってかわってきますよね、
所得が減るということは、給料天引きで払った
税金の金額は払い過ぎているってことになります。

払い過ぎた税金を返すための仕組みとして年末調整があります。
年末調整で計算され、後で還付金という形でお金が返ってきます。

今回は生命保険について書きますが年末調整の対象は生命保険だけではありません。
医療保険や個人年金に加入している方もそれぞれの控除をうけるとができるのです。

一般生命保険控除は万が一に備えて加入している生命保険が対象です。
こちらは学資保険も対象となります。

介護医療保険料控除は医療保険料やガン保険、介護保険なども対象になります。

個人年金保険料控除は個人年金保険料税制適格特約をつけているものが対象となります。
ついていない場合は一般生命保険控除を受けられるそうです。

【年末調整】生命保険控除のための書き方

保険控除の申告に必要な物
・保険会社から昨年の10月?11月にはガキなどで送られてくる、
生命保険控除証明書をとっておきます。

・生命保険控除の対象となる契約ですが、実際に保険料を支払っている者で、
保険の受取人が保険料負担者又は配偶者、
親族のいずれかになってることが条件となります。

・記入する金額ですが、年末までに支払った場合の金額を記入します。

書き方

・保険の会社名を記入します。

・控除証明書に書いてある保険の種類を記入します。

・控除証明書に記載している保険期間の記入をします。

・契約者の名前を記載します。

・保険金の受取人、続柄の記入をします。

・控除証明書に記載している新・旧の区分に??をつけます。

・支払った保険料を記入します。

・保険料のうち、新・旧それぞれの合計額を記入します。

・新・旧それぞれの控除額を計算して記入します。

・新・旧の合計額を記入します。(最高4万円です)

・旧の金額とさっき出した金額の大きい方を記入します。

【年末調整】生命保険控除一体いくら戻ってくる?

年末調整 生命保険
戻ってくるのは嬉しいけど一体いつどのくらい戻ってくるのか気になりますよね。

支払った保険料の一部を年間の給与所得から差し引いて正確な所得税額を計算し、
支払いすぎた税金の差額が戻ってきます。

細かな金額は払った保険料で変わってくるんですね。

そしてこの還付金ですが、いつもらえるのでしょうか?

もらえる時期は会社によって異なるようですが、一般的なケースとして、
年末調整で、保険控除の対象となった場合、
12月の給与に上乗せされて支払われるのが一般的なケースです。

確定申告は大変そうだしついつい雑にしてしまいがちですが、
ちゃんと申告する事で減税されるのです。

妊娠や出産、育休には入ったりした時って
同じように税金を払うのはとても大変ですよね、

調べてみたら意外と自分も対象者になったりするんです!
なので確定申告は節税と思っておこないましょう。

まとめ

複雑そうな保険の控除ですが、申告するとしないとでは差が出てくるし配偶者や、
共働きでも育休中などでも対象となるのでぜひ申告しておきたいですね。

今年度の申請はマイナンバーが必要とのとなので
忘れずに準備してくださいね。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , , ,