これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

オイルヒーターとは?使い方や電気代についてのメリット、デメリット

   

スポンサードリンク

オイルヒーター
寒い冬の時期、暖房器具をフル活用!
みなさんのお宅はどの暖房機器で部屋を暖めていますか?
今回は「オイルヒーター」についてご紹介します!

スポンサードリンク
  

オイルヒーターとは?

まずオイルヒーターとは何かご説明します。
「オイルヒーターは密閉容器内の難燃性の油を電熱器で暖めて
循環させてラジエーターフィン(放熱板)から放熱し、
対流や輻射熱によって部屋を暖める暖房器具である」
とあるサイトでは紹介されています。

・・・
うーん。よくわかりませんね。

説明を聞いてもなかなか理解できませんので、
このオイルヒーターの利点についてご紹介します。
この利点でどういった暖房器具なのか分かると思います♪

◇安全性が高い

石油ストーブなどと違い、
燃焼によって熱を作り出す器具ではないため、
お子さんのいる家庭で活躍します!

◇静か!

運転時の音がほとんどないため、とっても静かです♪
赤ちゃんの眠りの妨げにもなりません!

◇大気汚染

燃焼を伴わないことにより
、一酸化炭素や二酸化炭素の排出がありません。
そのため部屋の空気を汚すことがないので、快適に過ごせます。

◇メンテナンスが簡単!

エアコンのようにめんどうなフィルターもないので、
外面だけ拭き掃除するだけでOk!

◇設置位置の変更がきく

エアコンと違って、
キャスター付きで人の移動によって持ち運びが可能です♪

オイルヒーターの使い方は?ストーブとどう違う?

では、オイルヒーターはどうように使うのか。
まずオイルヒーターの温まり方の特徴について説明します。

温め方としては、ストーブよりエアコンに近いような気がします。
暖房器具周辺ではなく、部屋全体をムラなく暖めます。

この暖め方の特徴を使った、
オイルヒーターの賢い使い方をご紹介します!

◇置き場所に注意!

オイルヒーターを使っているのに部屋が全然温まらない!という方。
置き場所を間違えているかもしれません。

オイルヒーターが力を発揮するのは、「窓際」です!
熱が逃げやすいのが窓際です。

そこに置くことで冷気の侵入を防ぎ、部屋をムラなく暖めます。

さらに、カーテンをひいたり、窓には断熱シートを張るなどすれば、
冷気を防ぐため、オイルヒーターがより力を発揮します。

ストーブが一気に温まるのとは違い、
徐々にじんわり温まるので、急速に暖めたいときには不向きです。

しかしストーブより安全面が安心なので、
お子さんやお年寄りの方がみえる家庭にはもってこいです。

オイルヒーターの電気代!節電方法は?

オイルヒーター
次にオイルヒーターを部屋のメイン暖房器具としてフル活用した場合、
電気代はどうなるのでしょうか?

1000Wのオイルヒータを1時間稼動させると約20円。
毎日10時間オイルヒーターを稼動させたとしたら、月6000円程度になります。

これは「暖房器具」のみでです。
はっきり言ってめちゃくちゃ高い!

暖房器具以外にも、お風呂のお湯を沸かしたり、
ほかにも電気代はかかります。
暖房だけで6000円って、冬場の電気代が怖いですね・・・

実際に使っている方でも、オイルヒーターにしてみた初めての冬、
例年より1万円も電気代が増えた!
なんて方もいましたね。

しかし、このオイルヒーターも使い方によっては
電気代をかなり抑えられるんです!

この節電方法、とっても簡単なんです!
それが・・・

◇ONにし続けないこと

たったこれだけです!
エアコンって稼働するときの電力が大きくて、
一度温度が設定どおりになると、
その温度を保つ間は実は電気代はとても安いんです♪

しかし、このオイルヒーターは、常に同じ電力がかかります!
なので、いかに「ONにしないかどうか」が電気代金に大きく関わってきます!

この節電に力を貸してくれるのが、「自動ONOFFモード」!
部屋が設定温度に達したら、勝手に電源が落ちてくれるのです♪

これで無駄な電力を抑えられ、
電気代も下げることが可能なのです♪

まとめ

電気代が高いとして、避けられがちなオイルヒーター。
安全なのはわかっているが、その後の電気代が心配・・・

実はそうでもないんですね!

設定温度によっても、かなり消費電力は変わりますので、
気を付けていてくださいね7・・・

スポンサードリンク

 - 生活 , ,