これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

お風呂の大掃除は手順に添って、宿敵カビを重曹で退治しましょう!

   

スポンサードリンク

お風呂 大掃除
毎日お風呂掃除をしていても水垢で汚れた浴槽や鏡、
目地のカビは中々取れませんよね?

大掃除は年に1度、この年の汚れを一気に落とすチャンスです!
特別に業者を雇う必要なんてありません。
大金をかけてまで行う事でもありません。

自分の身近にある物を工夫して使うだけで
大変なお風呂の大掃除も今までよりも短い時間で行えます。
さあ明日からはピカピカのお風呂に入りましょう。

スポンサードリンク
  

お風呂の大掃除をする時は手順良く進めましょう。

掃除の基本は邪魔な物をどけて、高い位置から低い位置に向かって行う事です。
お風呂の大掃除では下記の順に進めれば手際よく行えるはずです。

1.シャンプーボトルやなど、日頃から浴室に置いてある小物
  ボトルの周りや底の汚れを落として浴室の外に置いておく。
2.鏡、壁面
  鏡の曇り、壁面の水垢を落とす。
3.浴槽
  浴槽の水垢、排水溝の汚れを落とす。
4.イスなどの小物
  見落としがちなイスの足や側面、桶の外側の汚れを落とす。
5.洗い場
  洗い場の目地の汚れや水垢、黒カビを落とす。

洗う場所に合った洗い方や掃除用具・洗剤などを使って掃除を行います。
最後にシャワーで上部から水を流し、乾かします。

大掃除の際、1番の敵はお風呂のカビです。

毎日お風呂の掃除をしていても、日々蓄積されていくのは「カビ」です。
カビは湿気を好むため、お風呂場に多く繁殖します。

お風呂掃除でカビのえさである汚れを
毎日落としていてもその繁殖力には追い付かないのです。

カビにも種類がたくさんあり、お風呂で目にするのは「黒カビ」が多いです。
黒カビは洗剤でも死滅させることが中々難しい種類です。

カビについて以下の事を頭に置いておきましょう。

・カビは根を張るので上っ面だけの掃除では死滅させることができない。
・カビの繁殖力はかなり強力である。
・空気に触れている間は死なないので
 ペーパーやラップを使ってカビを密封させると死滅する確率が上がる。
・カビ取りは1日で完了できなくてもあきらめてはいけない。

大掃除の前に1度、カビ取りだけを行っておけば当日の流れがスムーズになります。
時には強力なカビに対して忍耐力を持って立ち向かう事も必要です。

お風呂の大掃除に大活躍するのは重曹です。

お風呂 大掃除
お風呂の汚れには救世主が存在します。
それは「重曹」です。

この重曹、色々な方法でかなり便利に使えるのです。
水で薄めて吹き付けて使ったり、粉のまま汚れ部分にこすりつけて磨いたり。
場所や汚れの度合いに合わせて使い分けができるのが良い所です。

皮脂や汗の汚れには「重曹」が効果を発揮します。
(石鹸やシャンプーの汚れには「クエン酸」が効果的)
強力な汚れには重曹とクエン酸を併せて使うと更に効果がアップします。

クエン酸を吹きかけて汚れを浮き上がらせてから重曹を付け、
ブラシなどでこすり洗いをすれば汚れは見る見るうちに落ちていきます。

汚れの他にも排水溝から上がってくる嫌な臭いにも重曹は使えます。
臭いの原因は流れた髪や油分、石鹸のカスなどから出てきます。

重曹と酢を排水溝に流し込んで30分程置き、
その後ぬるま湯を流せば排水溝に付着していたゴミ類はきれいに流れます。
これにより臭いの原因とサヨナラできるのです。

1点ご注意を。
重曹を使う際には手荒れを防ぐために手袋を着用する方が良いでしょう。

まとめ

「お風呂の大掃除」と言うとすごく面倒で大変なイメージがあります。
しかし、手順良く取り組む事で最短で効果的な掃除が行えます。

身近にある材料を使ってお財布的にも体力的にも負担を軽くしてみませんか?
お掃除上手な主婦に大変身です。

そしてピカピカになったお風呂をご主人に見てもらい、
アッと驚いてもらいましょう。

スポンサードリンク

 - 大掃除 , , , ,