これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

冬のボーナスの平均は?お得な預け先と運用方法はココ!

   

スポンサードリンク

冬のボーナス
サラリーマンの楽しみと言えば、
夏と冬、2回のボーナスですね。

業種によっては年度末にも出たりしますが……。

みなさんはこの冬のボーナス、
何に使いますか?

スポンサードリンク
  

冬のボーナス、平均は? 

  
景気が低迷していると言われる昨今ですが、
ボーナスって平均額はどのくらいなんでしょう?

2015年の冬のボーナスは、民間企業で38万円ほどだそうです。
多いと思いますか? 少ないと感じますか?

中小企業や零細企業では支給自体を見合わせる会社もあるそうですから、
出るだけありがたいかもしれません。
大手企業だけでみると、89万円になるそうです。

公務員では69万円です。
格差社会を感じてしまいますね。

きれいごとを言うつもりはありません。
悲しいですが、これが現実です。

本来、資本主義社会は格差があるものです。
今に始まったことでもありませんし……。
 

冬のボーナス、お得な預け先は? 

世の中、うまくできているもので、
収入が多い人って出ていくものも大きいんですよ。

つきあいもあるし、支払う税金も多いですから……。

だから案外、生活していく上での条件はみんな、
同じなのかもしれません。

……となれば、なるべく残しましょう!

景気が冷え込むと、ボーナスの使い道はダントツで貯蓄です。
さて、どこに預けます?

オススメは地方銀行のネット口座!

ボーナス時期はどこでもキャンペーンをしていますが、
地方銀行はここぞとばかりサービスしています。

新規口座開設+○○万円以上預け入れで○%みたいな……。

メガ・バンクでもしていますが、金利はそれほど高くはありません。
地銀はふだん、我慢して、我慢して、この時期、
勝負に出るのでしょうね。

蛇足ですが、地銀のおまけで出している宝くじがよく当たるとか……。

冬のボーナスを運用しよう! 

冬のボーナス
運用するっていう手もありますよ。
先ずは手堅く個人国債あたりでしょうか?

日本の国債は評価が落ちたと言っても、
諸外国に比べればリスクは小さいのです。

実質的に元本が保証されているようなものですから……。

でも、運用っていうほどの利益はありません。
それなら、投資信託や外貨預金、株取引はどうでしょう?

いわゆる、ロー・リスク、ロー・リターンの代表選手ですが、
そうは言っても、ノー・リスクなわけではありませんから、
気を付けましょう。

最近、始める人が多い、FXはなおのこと、注意が必要です。
運用はくれぐれもゆとり資金で!

すぐに必要になるようなものには手を付けてはいけませんよ。

まとめ

ボーナス時期になると、さかんにNISAのCMが流れます。
それぞれの考え方だと思いますが、
喜んで飛びつくようなものでもないようです。

小額投資非課税制度、2023年までの期間限定ですが、
投資で得た分の利益が年間、120万円まで非課税になります。

が、新規で購入したものに限定されていますし、
商品の入れ替えもできません。

FXや国債などはNISA対象外ですし、
例え、期間内に上げた利益であっても、非課税期間を過ぎれば
課税されてしまうんです。

貯蓄にしても、運用にしても、
ご自分のニーズをしっかり見極て、外野に惑わされないように!

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , ,