これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

土用丑の日はいつ?その意味は?うなぎを美味しく食べる献立の決定版!

   

スポンサードリンク

0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s
土用丑の日は、毎年聞く言葉ですが難しいイメージがして良く考えると
意味が分からないままだった方も多いのではないでしょうか。
実は、私もその一人です。今回、土用丑の日について詳しい日程から意味まで調べてまとめたいと思います。
また、献立について悩む方も多いかと思うのでいくつか献立も紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

土用丑の日は いつ?日にちが知りたい。

860e6bde69f1e0f6cf84f477d72b2529_s

d9168b3fe0c4a0cf26c6e7763e7f4153_s
土用丑の日のイメージとして思い浮かぶこと、「鰻を食べる日」という方が多いのではないでしょうか。

実際、スーパーなどに行くとのぼりが立ち上り魚売り場が鰻だらけに
なってしまう事もありますし、また鰻屋さんには普段は見ない行列が出来ています。
うなぎを焼いている匂いにつられてついつい買いたくなってしまいます。

でも、詳しく日にちを聞かれると、あれいつだっけ?となってしまう事もありますよね。

一般的に世間で言われている夏の「土用丑の日」について
2016年で見ると、7月30日土曜日になります。

実は、「土用丑の日」は、夏だけではありません。
春、夏、秋、冬に全てあり、2016年はこちらの日にちになります。

・冬 1月20日、2月1日
・春 4月25日
・夏 7月30日
・秋10月22日、11月3日

土用丑の日 の意味とどうして鰻を食べるの?

a7b4fa12fe2e1ed404959d71bed00874_s
では、「土用の丑の日」の意味は分かりますか?「土曜」でもないし「牛」でもない
この漢字の意味は一体何なのでしょうか。

意味を詳しくひも解いてみました。

「土用の丑の日」の意味は、中国の五行思想(五行説)が起源になっています。

※五行説とは、全てのものは、木、火、土、金、水の5つの元素から成るという考え方です。

そのために、季節も

春→木、夏→火、秋→金、冬→水

と考えられていますが、よく見ると五行説のうち「土」が入っていません。
「土」全ての季節に等しく存在することから、
季節(春夏秋冬)の移り変わり目の前の18日間を「土」にする事にして「土用」と呼ぶ事になりました。
この時期を作ることで1年が五行に振り分けられることになるのです。

次に「丑の日」の丑ですが、こちらは干支の十二支の中の丑です。

これらをふまえると、「土用の丑の日」は、
一年の中で土用の内の丑の日の事ということになります。

では、何故鰻を食べるのか、これには諸説あります。

1番有名な話が、江戸時代に鰻が売れずに困っている鰻屋が平賀源内に相談した所、
「本日丑の日」という張り紙を店に貼るようアドバイスを受けたそうです。

丑の日→(う)から始まる食べ物を食べると
夏バテしないという当時の風習にひっかけて宣伝したというのです。

土用丑の日の献立うなぎを美味しく頂きましょう!

b2c2919d70a900a5555b7108c096b25e_s
土用丑の日にはうなぎを食べる事が分かりましたが、毎年献立に悩みませんか。
色々な献立を探してみたので参考になさって下さい。
うなぎをそのまま食べるのも美味しいですが、アレンジしても新鮮で楽しく頂けますね。

また、うのつくものを食べると良いとされています。

<主菜>

・うなぎ混ぜご飯
ご飯に、2センチ角に切ったうなぎとかば焼きのタレを混ぜて最後に粉山椒をかけて出来上がり。

・茄子とうなぎのかば焼き丼
熱したフライパンに切った茄子を並べる、焼き色が付いたらひっくり返して
その上に切ったうなぎを並べ、水と酒を入れて蓋をして1分蒸し焼きにする。
うなぎのたれを入れて絡めてご飯にのせる。

<椀物>

・オクラ、きゅうり、ミョウガのお味噌汁

オクラは、薄く輪切り、ミョウガは縦に半分に切りそれを薄切りにして
水にさらし水気を切る。きゅうりは、薄いいちょう切りにする。
水、だしを入れた鍋にオクラを加えて弱火でさっと煮る。
味噌を入れて火を止めてからきゅうり、みょうがを加える。

・卵スープ

しいたけは、薄切り鍋に水、しいたけを入れ過熱する。
沸騰したら、溶いた卵を鍋に入れる。
胡椒、ごま油で味を調えたら、刻みねぎを散らして完成。

<副菜>

・ほうれん草のお浸し
ほうれん草を湯がいて水気を切り鰹節、しょうゆをかける。

・コールスローサラダ(アボカド、枝豆)

キャベツ、きゅうりを千切り、アボカドは1センチ位の細切り、枝豆は
茹でて皮から取り出しボールに砂糖(大匙1)、酢(大匙1)、
塩(小さじ1/4)を合わせて和える。
食べる直前にマヨネーズ(大匙2)を和える。

*うなぎ屋さんでうなぎを買って帰ると、
野菜やビタミンで足りないものがあるので
それを補うような食事の献立を作るとバランスが取れますね。

まとめ

いかがでしたか。土用の丑の日には、こんな意味があったのですね。
今年から土用の丑の日が来るといつもとは違った目線で見てしまいそうです。

夏の土用は、丁度夏バテしやすい時期なので
精のつくうなぎを食べて暑い夏を乗り切りたいですね。

スポンサードリンク

 - 夏の行事 , , ,