これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

恵方巻きの由来とは!?食べ方は?しゃべらない理由とは?

   

スポンサードリンク

恵方巻き
恵方巻きとは節分の夜に、その年の恵方を向いて目を閉じて、
願い事を思い浮かべながら無言で太巻き寿司(恵方巻き)を食べる風習です。

今では一般的な風習になっていますが、
私の子供の頃は、太巻き寿司を普通に食べるだけで、
恵方を向いて食べる風習では無かったので、
ちょっと気になり、調べてみました。

スポンサードリンク
  

恵方巻きの由来や起源は?

恵方巻きの起源は諸説ありますが、
江戸の末期が始まりではないかとよく言われています。

場所は大阪の船場で、商売繁盛の祈願をする風習として始まったのが、
始まりではないかと言われています。

起因としては
“厄落としや縁担ぎ”
“船場にある階段の中断で女性が太巻きを丸かじりして願い事をした”
“船場の旦那衆が男根に見立てた太巻きを芸者に咥えさせた遊びなど”
がいわれています。

しかし、詳しい事は分かっていないというのが事実です。

又、その当時は、”恵方巻き”という名前ではなく、
“丸かじり寿司”や”丸かぶり寿司””節分の巻き寿司””幸運巻寿司”と呼ばれていました。

今のように恵方巻きと呼ばれる様になったのは、
1989年に大手コンビニのセブンイレブンが、
商品名を”丸かぶり寿司 恵方巻”として販売したところ、
今の恵方巻が広まったとされています。

恵方巻きの食べ方で、切ってもいいわけ

本来、恵方巻きは、縁が切れるので切ってはダメと言いますが、
解釈の仕方によっては、切って食べても大丈夫です!
無理をして食べて、たくさんこぼしてしまったり、喉に詰まっては、意味がありません。

こういった時は、悪い縁を断ち切るという意味で、
巻き寿司を切って食べましょう!

もちろん、太巻き寿司が食べにくいなんて場合は、
中巻き寿司や、細巻き寿司を食べても大丈夫です。

子供やお年寄りには是非、
細めの巻き寿司で、切り分けてあげて下さいね!

巻き寿司を切るときは少し注意が必要です。
切るのを失敗してバラバラになんて事もばしばあります。

恵方巻きを切るときは、巻きたてのものではなく、
少し時間が経ってノリがしんなりしたものを切ります。

切る時に崩さない様にゆっくり切りたくなりますが、
そうすると中の具材が動き崩れる原因になります。

なので、切るときは一気に切ってください。
あとはみんなで楽しく、食べましょう。

恵方巻きを食べる時喋ってはいけない理由

恵方巻き
七福神に因み7種類の具材をいれて、
福を巻き込むという意味で、巻きますが、
この恵方巻きを食べる時、無言で食べると言いますが何故なのでしょうか。

恵方というのは神様が居ると言われる方角なので、そちらを向いて食べます。
ついつい照れくさくなってよそ見をしてしまいがちですが、よそ見はダメですよ。

恵方巻きは、静かに食べます。その間心の中では、願い事を思い浮かべて下さいね。
食べる事に集中して心の中で、願い事を唱えるのです。
そうしないと運気が逃げてしますそうです。

確かに考えてみれば、神様のいる方向を向いて
お喋りしながら食べるというのは失礼に当たるような気もします。

あと結構大変なのが、一気に食べる事です。
もちろん切ってはダメですよ!縁が切れてしまします。
食べている間は、目を綴じて食べたり、
福が入ってくる様に笑って食べるなど、地域によって少し違ってくるみたいですね。

恵方巻きを正しく食べて神様のご利益を受けてくださいね!

個人的には正しく食べるのは難しそうです。

まとめ

切ってはダメと言われがちな、恵方巻きも考え方一つで、
切る方がいいってなるんですね!

とても勉強になりました。

小さい子供さんやお年寄りには、
恵方巻きの丸かじりは命取りになり兼ねないので本当に注意が必要ですね。

みんなで楽しく恵方巻きを食べて福を呼び込みましょう!

スポンサードリンク

 - 冬の行事 , , , ,