これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

鼻水を止める方法!子供や赤ちゃんはどうしたら止まる?市販薬を紹介!

   

スポンサードリンク

鼻水を止める方法
子供や赤ちゃんっていつも鼻水を出しているイメージがありませんか?
何故なんでしょう?
そしてどうしたら止まるのかをご紹介します!

スポンサードリンク
  

鼻水を止める方法はあるの?子供編

子供がよく鼻水を垂らしているのは、大人より免疫力が低いためです。
そのため鼻水の症状が出やすいのです。

鼻水が出ていると、息もしづらそうで見ててかわいそうですよね・・・

今回は、そんな頻繁に出る鼻水の止め方をご紹介します!

 ◇ツボ押し
  ・指の第二関節を曲げたときにできるシワと、
十字になるように爪で跡がつくくらい強く押してください
  ・鼻の頭の5秒、5回押してください
 
 ◇口にお水を含ませる
  本来鼻水は喉の奥に流れるべきものです。
こうすると喉の奥が鼻水を押し出そうとするので、
鼻水が流されていきます。

 ◇温めたタオル
 鼻水の出る原因には、鼻の下の乾燥もあります。
 蒸されたタオルで目の下から鼻を包むようにして乾燥を防ぎましょう。

鼻水を止める方法はあるの?赤ちゃん編

ある程度大きくなったお子さんなら、
「チーン」が出来るようになりますよね。

一番お母さんが頭を悩ますのが、生まれて間もない赤ちゃんや、
まだ鼻水がかめない赤ちゃんです。

鼻水はどんどん出てくるし、
それが固まると鼻がふさがってとっても苦しそう・・・

何とか赤ちゃんの鼻水を止めてあげましょう!

方法は下記のようなものがあります。

  ◇吸引器を使う
   吸引器を使って鼻水を吸ってあげると一時的に鼻水はなくなります。
   しかしこれは止める方法ではなく、除去する方法です。
 
  ◇握りこぶし
   赤ちゃんの鼻水が止まらない方とは逆の脇にお母さんの握りこぶしを挟みます。
   神経が圧迫されて、鼻水が止まりやすくなります。
  
  ◇首を温める
   ホットタオルで気首を温めることで交感神経が活発になり鼻水が止まります。

子供とは違って、赤ちゃんは方法によっては
それだけで泣いてしまい、更に鼻水が・・・

なんてことになるので、
赤ちゃんの嫌がらない方法でやってあげてくださいね。

鼻水を止める方法はあるの?薬編

鼻水を止める方法
病院では、お子さんに「鼻水を止める薬」は処方されません。

なぜなら、子供の風邪による鼻水は止めるのではなく、
出し切ってしまう方が良いとされているからなんです。

病院で処方されるのは、「鼻水を出し切る薬」です。
小児科より耳鼻科に行くことをおすすめします。

何故なら、もしその鼻水が風邪ではなく
アレルギー性のものだった場合、専門は耳鼻科になるからです。

では鼻水を止める薬はどこで・・・

病院に行けない場合などのために、市販薬のご紹介をします。

  ◇アルペンSこども鼻炎シロップ
  ◇宇津こども鼻炎シロップ
  ◇ムヒのこどもかぜシリーズ
  ◇キッズバファリン かぜシロップ
  ◇カコナールこどもかぜシロップ

お子さんには飲みやすいシロップタイプが主流なのがありがたいですよね。

まとめ

いかがでしたか?
子供たちは小さな体で必死に菌と戦っています。

何とかして症状を緩和させてあげたいですよね・・・
是非紹介した、とても簡単な自宅ケアで
お子さんを辛い鼻水から救ってあげてくださいね!

スポンサードリンク

 - 健康 , , ,