これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

ひな祭りとは?その由来と時期について|何歳から何歳までやるの?

   

スポンサードリンク

ひな祭り
女の子を持つ親にとってひな祭りは一大イベント!
生まれてから毎年続けてきたけど、一体これはいつまでやるべきなの?
そんな疑問を解決します♪

スポンサードリンク
  

ひな祭りとは?その由来は一体なに?

そもそもひな祭りってなんのために行っているかお分かりですか?
何となくみんなやっているから、自分の親もやってくれていたから・・・

なんて曖昧な感じで行っている方が大半なのではないでしょうか?

確かに、代々行ってきたことを引き継いで行っていくことは大切ですよね。
ですが、ちゃんとした意味や由来を知って行うことは、もっとよいことだと思います。
せっかくやるなら、意味をもって行いたいものです♪

そこで、ひな祭りの由来についてお話しします。
平安時代には、人形を川に流して厄落としをする風習がありました。

これをひいな遊びといい、雛人形と呼ばれていました。
現代では川に流すことなく、飾るようになっていますね。
これが雛人形と呼ばれる由来です。

これが定着し、時代を追うごとに立派になってきました。
今ではこの行事のことを、雛人形を飾ることから、
「ひな祭り」と呼ばれるようになったのです。

もともと厄落としとして行われていたこともあり、
悪いものが子供に取りつかず、
人形が身代わりになってくれるという意味があります。

ひな祭りの時期はいつから?

では、ひな祭りの時期はいつから始まるのでしょうか?
3月3日が節句なのは分かりますが、
雛人形はこの日だけ飾るというものではありませんよね。

いつからが正しいのか調べてみました!

お雛様を飾る時期は、立春(節分の翌日、2月4日ごろ)から
2月中旬にかけてがよいと言われています
その理由は、2月には節分の日がありますよね。

そこで、厄払いをしてから準備に入る方が縁起が良いとされているからなんです。
確かに邪気があるままよりも、いいような気がしますね。

しかしせっかく立派なお雛様を飾るのだから、
出来るだけ長く飾っておきたい!
と年明けから準備を始める家庭もあるようです。

始める時期に特別な決まりはなく、
それぞれの家庭の事情に合わせて行うところが多いようです。

雛人形は準備にとても時間がかかりますし、
1年間しまってあったことで湿気を帯びていることもあります。

天日干しから始める場合は、
なるべく早く出した方がよいかもしれませんね。

また初めて雛人形を飾るときは、
とても四苦八苦するでしょう。

毎日少しづつ飾っていくことも考えると、
こちらも早めの準備が必要です。

ひな祭りは何歳から何歳までやるべき?

ひな祭り
では、ひな祭りは何歳から始め、
何歳まで行うべきなのでしょうか?

子供が生まれたころから飾っているが、
もう大きくなってきたしあまり関心もなさそう・・・

そんな疑問を抱くお母さんもいることでしょう。

実際には何歳まで
このひな祭りの習慣を続けるべきなのか調べてみました!

まず、年齢に決まりはありません。

イメージで言うと子供のためのお祝いな気がしますが、
いつまでしかやってはいけないという年齢制限は実はないんです。

ですが、一般的にどうなの?というところが気がかりですよね。

みなさんがひな祭りをいつまで行っているか、
平均してみると小学校6年生のようです。

確かに小学生の女の子は、ひな祭りの度に喜んでくれそうですが、
中学生にもなると部活動や勉強で忙しくなり、
そうもいかなくなるようです。

そのため、区切りとして小学生までで辞めてしまった
、というご家庭が多いようです。

そして、最後に、いつからお祝いをするのかという点ですが、
これは0歳からがほとんどです。

特に生まれて初めてのひな祭りは「初節句」といって、
とてもお祝いにふさわしい行事となるからです。

私の場合は、初めてのひな祭りに一番力を入れましたよ♪

まとめ

ひな祭りは、由来から行くと厄除けなどの意味がありますが、
今となっては「お祝い」の要素が強いかもしれませんね。

健やかに育ってくれるようにと願いを込めて、
可愛いお雛様を飾りたいものです。

スポンサードリンク

 - イベント , , , ,