これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

入学祝いの相場や時期、のし袋の選び方とは?

   

スポンサードリンク

入学祝い
みなさんは、周りにご入学を控えたお子さんがいるでしょうか?
親族の中で入学を迎える子がいたとき、
入学祝いをどうするかもうお決まりですか?

みんなが悩みがちな入学祝いについてのあれこれ!
詳しくご紹介します♪

スポンサードリンク
  

入学祝いの相場とは?

お子さんのご入学、我が子でなくても喜ばしいことですね♪
親族であるお孫さん、姪っ子甥っ子さん、友人のお子さんなど、
入学のお祝いをしてあげたい!

そう思っても、ん?入学祝いってどうするのがいいのかな?
そんな疑問を持たれる方が多いのが現状のようです・・・

そこで、まずは「入学祝いの相場」についてお話しします。

入学祝いとは、お誕生日や出生のお祝いとは違い、ほとんどの場合、
「現金」でのお祝いになります。

そこで、いくらが相場なのか関係性別にご紹介します。
また、小学生になるのか、
中学生・高校生になるのかによっても変わってきます。

◇親族
ごく近しい間柄である場合にしか入学祝いは必要ありません。
親族であれば、孫、姪、甥にかかわらず、一律して小学生なら5000円、
中学生以上は10000円ほどが相場となります。

だいたい1~3万円くらいが多いようです。

◇友人
仲の良い友人であれば、小学生・中学生ならば
3~5000円ほどが相場です。
高校生になると5000円が相場です。

入学祝いをあげる時期っていつ頃?

では、入学祝いはいつ渡すのがよいのでしょうか?
入学してから?直前?入学式の日?
正しい入学祝いを渡す時期についてご紹介します♪

小学校や中学校の場合、
多くは地域の学校にそのまま進学することが決まっていますよね?

ですから。
3月初旬から中旬にかけて渡すとよいでしょう。

入学の2~3週間前に渡すことによって、
一番入学の準備などでお金がかかるタイミングで
お祝いを渡すことができ、相手もとても有り難いからです。

また、遅くとも入学式の1週間前までには渡せるようにしましょう。
しかし身内のことですから、
お互いで話し合って決めておくという方法をとっている家庭も多いようです。

一つだけ注意したいのが、高校や大学の入学のときです。

これらは義務教育ではなく、絶対に入学する、
入学できると判断できる進学ではありません。

しっかりと両親に進学先が決まったことを確認してから、渡すようにしましょう。
間違っても受験に失敗した子にお祝いを渡すなんて避けなければなりません!

入学祝いののしの選び方

入学祝い のし袋
では、その入学祝いはどうやって渡せばよいのでしょうか?
祝儀袋やのしはどうしたらいいのか悩む方が多いかと思います。

最後に、正しいのしの選び方についてご紹介します。

親しき中にも礼儀ありです。
しっかりマナーに忠実に行えるとよいですね。

◇水引き
水引には、一般的に「結びきり」と呼ばれる、結婚や葬式など
これ以上起こってほしくない出来ごとの時に使用します。

また「蝶結び」とは、逆の意味で何度あってもいい出来事に対して使います。
入学は後者ですから、蝶結びを選びましょう。

◇のし袋
のし袋は金額によって使い分けをします。
1万円にの入学祝の場合は、水引が印刷されたような簡易的なものをえらぶといいです、
それ以上の金額のときには、紅白の蝶結びの水引がついたものを選びましょう、

◇宛名
上の段には、「祝御入学」と書きます。
更にその下には、贈る方の名前を小さく書きます。

しかし全てはマナー本によるものです。
親戚間で行うものですから、何かとこういったお祝いごとの時はどうするのか、
事前に決めておくのがよいでしょう。

まとめ

いくらお祝いしてあげたい気持ちが強くても、
これ以上の金額はかえって相手に気を遣わせてしまいます。

それ以上は、例えば学校で使うものを
プレゼントするなどに置き換えてお祝いするとよいでしょう。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , ,