これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

湿気対策に必須のグッズは?部屋と衣類にも気をつけて!【カビ対策完全版】

   

スポンサードリンク

74f070d54c35747d8de0d3b84f20318f_s
生活するうえで気をつけなければならないのが湿気です。
締めきった部屋、水滴のついた浴室、物が詰まった押し入れ等。
ちょっと放っておいただけでカビが大繁殖します。
特に梅雨や雨の続く日は注意をしないと一気に増えてしまいます。
家を預かる主婦でも苦労する湿気対策です。
1人暮らしを始めた男性にはより一層気をつけて頂きたいです。

スポンサードリンク
  

湿気対策に最適なグッズは?

044d5bfa47e907131ebf5c5f8d12e9be_s
湿気対策に効果的なグッズはたくさん販売されています。
使い方も簡単で男性や年配の方にも使いやすい物ばかりです。
特に結露とカビに対してのその種類は豊富です。
その中でも使いやすい数点ご紹介します。

(結露)
結露取りワイパー・・・窓ガラスの下から上に水滴を拭き取り、T字の持ち手部分に水を溜め捨てる事ができます。
結露吸水テープ・・・窓ガラスの下部分に貼り付け、上から落ちてくる水滴が床に落ちるのを防ぎます。
結露防止スプレー・・・前もって窓ガラスに吹き付け、結露自体を防ぎます。
結露防止ヒーター・・・窓専用のヒーターで直接窓を温める事で結露を防ぎます。

(カビ)
除湿器 ・・・ 設置するだけで室内に浮遊しているカビを除菌します。
調湿シート ・・・ 敷き布団の下に敷く事で、湿気や汗を吸収しカビができるのを防ぎます。
酢 ・・・ 殺菌力が強く、食品なので環境にやさしいカビ対策グッズとしておススメです。
消毒用アルコール・・・吹き付けた場所の除菌を行います。
また、できたカビの繁殖を防ぐ事もできます。

湿気対策を行う際の各部屋の注意点とは?

132a9a02394d02fa97d8539d01649299_s
湿気対策への基本的な対策は「換気を行い湿気を室内に溜め込まない事」です。
特に気になる浴室と部屋の中は以下のように行いましょう。

(浴室)
入浴後は換気扇を回しましょう。
窓は開けておきましょう。
浴槽にお湯をためっぱなしにしないようにしましょう。
(玄関)
雨の日に外出先から帰宅したら靴を拭きましょう。
晴れたに日はシューズボックスを空けて換気を行いましょう。
湿気取りをシューズボックスに入れましょう。
(部屋)
温度管理を行い湿度を一定に保ちましょう。
窓の風穴や壁の換気口を開けて風通しを良くしましょう。
家具と壁の間に段ボールを入れると湿気を吸い取ってくれます。
結露が発生した際はこまめに拭きましょう。
エアコンのドライ機能を上手に利用しましょう。

湿気対策は衣類にも必要です!

0c3cf326025074959affec79a5b6d486_s
部屋と同様に衣類も湿気の影響を受けやすいです。
対策を怠ればカビが生えたり虫がくったりとお気に入りの服がダメになってしまいます。
仕事で着用するスーツやコートなどの季節物を出した際に
「ガッカリ」という事にならないようにしましょう。

・新聞紙をタンスやクローゼットに敷き詰める。
・除湿剤を置く。
・タンスには物を詰めて入れ過ぎない。
・クローゼットに服をかける時は隙間を作る。

このような事で大事な服は守れます。

まとめ

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s
朝、仕事に出かけて夜まで帰らない。
そんな生活を送る20代男性の部屋は湿気とカビの快適な住まいとなってしまいます。
湿気やカビに対してはグッズを使用し、対策を行っておけば防げるものが多いです。

ひと手間を惜しむと快適なはずの生活空間が居心地の悪い場所になってしまうので、
そうなる前に手を打ってみてはいかがでしょうか。

また、衣類に関しては湿気やカビで買い替えが必要になると痛い出費となります。
湿気対策を行う事はお気に入りの物を大事に長い期間着る事にも繋がります。

スポンサードリンク

 - 生活 , , ,