これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

京都の春のしだれ桜の見頃は?原谷苑と妙心寺がおすすめ!

   

スポンサードリンク

京都 しだれ桜
京都に観光へ行く予定のある方、是非春の旅行を計画してみてください。
京都の春は、桜がとても綺麗なんです!
その中でも今回は、しだれ桜スポットについてご紹介します♪

スポンサードリンク
  

京都のしだれ桜の見ごろはいつ?

京都といえば、歴史的な建造物が多い地域として有名だと思います。
有名なお寺、清水寺や金閣寺などを始め小さなお寺を含めると
相当な数のお寺があるのが京都です。
ここまでお寺が集中している地域は他にはないと思います。

そんなお寺大国で春の時期に楽しめるのが、「桜」です。
ほとんどと言ってもよいほど、境内のどこかしらで桜が咲くお寺が多いのです。
秋になると紅葉が咲き乱れ、季節ごとで全く違う顔になる、そんな京都のお寺です。

そこで注目したいのが、「しだれ桜」についてです。
京都で見られるしだれ桜の見ごろは、4月上旬から中旬あたりでしょう。

開花時期としては、最も早いところで3月上旬から咲き始めます。
開花が遅い所であれば、4月下旬あたりまで桜を見ることが出来ます。

桜は日本であれば、ほとんどの県で見ることが出来ます。
それが日本の素晴らしい所でもあります。

ですが、京都で見る「お寺」と「桜」の重なる景色は、
より日本を感じることが出来るでしょう。

京都のしだれ桜スポット!原谷苑編

京都でしだれ桜を見ることが出来るスポットはいくつもあります。
その中でも、しだれ桜の歴史の長い「原谷苑」のしだれ桜のご紹介です♪

この原谷苑が生まれたのは昭和33年ごろと言われています。
農業で作物を育てようとしていた土地に、
全く養分がなく作物が育ちませんでした。

そこへ、樹木を植えることになったのです。
桜や紅葉などの鑑賞木から、サクランボや桃などの
果樹木など十種類の樹木が植えられました。
その中で順調に根がついたのが、「桜」でした。
それが今の原谷苑の「桜の歴史」です。

個人での鑑賞用が評判になり、のちに一般公開されるようになりました。
3月下旬から見ることが出来るようになり、4月下旬まで鑑賞できます。

そして、嬉しいのが3月中であれば数量限定で
「紅しだれ桜」の苗を販売しているようです。

歴史ある素晴らしいしだれ桜の子孫を
自宅で育てることが出来るなんて、素敵な話ですよね。

京都のしだれ桜スポット!妙心寺編

京都 しだれ桜
続いての京都のしだれ桜スポットは、妙心寺退蔵院です。
こちらは、1337年に創建された、歴史のあるお寺です。
その境内で見られるしだれ桜は、樹齢50年を迎え紅しだれという種類です。
ここのしだれ桜の開花時期は4月上旬から4月下旬になります。

まるで桜のシャワーが降り注ぐようなしだれ具合。
大きさも十分で、圧巻の美しさです。

この美しさ故、2013年の、

「そうだ、京都行こう

」のキャンペーンにも使用されるほどです。

このキャンペーンでの使用により、より一層評判は広がり、
今では府外からもたくさんの観光客が訪れます。

ここでは、桜の鑑賞だけでなく、ミシュランの星を獲得した
「阿じろ」の精進料理を堪能できる「特別拝観」というものがあります。

この特別拝観では、美味しい料理だけでなく、
普段は一般非公開となっている退蔵院方丈内、
枯山水庭園「元信の庭」や隠れ茶室「囲いの席」に足を踏み入れることができます。

この機会にしか入ることが出来ないところへ入れるなんて、
妙心寺退蔵院ならではの粋な計らいですね♪

まとめ

京都のしだれ桜鑑賞は、
他では味わえない庭園や寺院とのコントラストを味わえます。
違った楽しみ方が出来る京都へ、是非足を運んでみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 春の行事 , , , ,