これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

紫外線対策の服装は?色や素材は?服を着ていれば焼けないは間違い!

   

スポンサードリンク

紫外線対策
紫外線は浴びないようにするのが肌のため、
健康のためには一番いいことはご存知だと思います。

しかし、服を着ている部分は
紫外線を浴びていないというのは間違いだったんです!
果たしてその理由は?

スポンサードリンク
  

紫外線対策は服装で出来る!

あなたは紫外線対策としてどんなことをしていますか?

日焼け止めを塗ること?
服や帽子で肌を出さないようにすること?

もちろんどれも大切なことです。
しなければ確実に紫外線を浴びることになりますし、
日焼けをしてしまいシミも出来易くなります。

でもこの方法って本当に100%なことでしょうか?

もちろんどの方法をとっても
100%紫外線をカットすることは出来ないかもしれません。

でも100%により近づけることは出来ます。

服装による紫外線対策について、間違った知識は、
「着ているだけで大丈夫」という認識です。

実は服の中でも紫外線を通してしまうものもあります。

紫外線の強い時期に、海に行って水着になったわけでもないのに、
背中にビキニのような日焼けをしていたなんて経験はありませんか?

実はこれ、服が紫外線を通してしまい、
下着の形に日焼けをしてしまっているのです。
このように、どんな服装でも紫外線対策が出来るというのは間違いなのです。

紫外線策のための服は色で効果が違う?

では、服装で紫外線対策は出来ないということなのでしょうか?
実はそうではないんです。

選ぶ服装によって、紫外線を通しやすいものとそうでないものがあるからなんですね。

そこで重要になってくるのが「服の色」です。
色によって紫外線を通すか通さないかが変わってくるのです。

紫外線を通しやすい色としては、簡単に言うと、
色の薄いものは紫外線を遮断する率がかなり低いです。

黄色やオレンジ、ピンクに続いて、
最も紫外線遮断率が低いのが「白色」です。
反対に一番紫外線をカットしてくれるのが、「黒色」です。

お気づきだと思いますが、実はこの紫外線のカット率は、
日を集めてしまって夏場暑く感じるものと正反対なのです。

黒は陽を集めてしまい、とても暑いですが、紫外線遮断率は最も高いのです。
逆に白は夏場は涼しげですが、紫外線は通しやすい。
暑さを我慢するか、紫外線を我慢するかですね。

紫外線対策が出来ない服の素材はある?

紫外線対策 服 素材
服装は色によって紫外線の遮断率が変わることをご紹介しました。
最後にもう一つ、紫外線対策の際に大切な服装選びのポイントをご紹介します。

それは・・・「素材」です。

素材によっても、紫外線の遮断に大きく違いがでてくるんですね。

服の素材というと、ポリエステル・綿・レーヨン・ビニロンなど様々です。
この中でもレーヨンや綿は遮断率が低めです。
逆に遮断率の高いものはポリエステルやビニロンです。

しかしそれでも遮断率は90%にも満たないくらいなのです。
本気で紫外線をカットしたいのであれば、
「紫外線遮断繊維」という素材を使った服を選びましょう。

つまりUV加工が施されている服のことです。
これを選ぶことによって、その遮断率は97%にまで達し、
ほとんどの紫外線をカットしてくれます。

最近では、多くの紫外線対策の服が販売されていますので、
是非有効活用してみてくださいね。

まとめ

紫外線は季節的には5月あたりから夏場まで続きます。
服装による紫外線対策には、服装選びの際に「色」「素材」に注意し、
紫外線の遮断率の高いものを選びましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 , , ,