これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

覚えておこう!熱中症による頭痛の原因から対処法まで完全ガイド

   

スポンサードリンク

熱中症 頭痛

最近は気候変動も大きく最近では
とても暑い日もあり気温差でも熱中症を起こしやすくなります。
熱中症の代表的な症状に”頭痛”があるのをご存知でしょうか。

熱中症と気付かずに安易に頭痛薬などを服用してしまうと、
効果がないどころが逆に体調が悪くなったりすることもあります。

では、どうして熱中症で頭痛が起こるのでしょうか?

スポンサードリンク
  

熱中症で頭痛が起こる理由について

熱中症 頭痛

人間は体温を調節する機能を持っています。
身体が暑いときは、汗をかくなど体から熱を放出することで体温を下げたりします。
脳から「おい、暑いぞ!」と指令が来ると「わかりました!」と動くのが自律神経。
汗をかいたりすることで体内の熱を放出させます。

また、「寒いじゃないか!」と言われて働くのも自律神経です。
寒いとブルッと震えたりしますよね。
これは体温を上げるための働きで、無意識ですが自律神経はいろいろと働いてくれています。

自律神経は脱水症状や、急な体温の上昇などで乱れてしまいます。
乱れてしまった自律神経は間違った働きをしてしまうことに!

そのひとつがつ頭痛なのです。

また暑いときは血管を膨張させて熱を発散させたり、
汗をかくことでも体温調節しています。

汗をかくことで体内の水分量が低下、血液もドロドロになり、
脱水症状を起こしてしまいます。
そうなると心臓へ戻る血液が減ってしまい、
脳や内臓へ届けられる血液が減ることで脳圧が低下、
頭痛やめまいなどが起こるようになります。

この熱中症の症状は”熱疲労”といい、熱中症の症状としては中度の症状。
中度といっても安心はできません。
正しい方法で対処しましょう。

熱中症で頭痛が起きたときの対処法

高温多湿の状況下で頭痛が起きたときには、まずは涼しい場所直行!
近くにそんな場所がない、というときにはせめて風通しがいい日陰へ移動しましょう。
とにかく体を冷やすようにしてください。

体を締め付けているものを緩め、何か冷やすものがあるときは、
太い血管が通っている太ももの付け根や首筋、脇の下などを冷やしてください。

濡れたタオルやペットボトルなど、少しでも冷たいものを使ってください。
うちわになるようなもので風をあてるのも効果的です。

そして汗がたくさん出たら、早めの水分補給をしましょう。
水分を摂る上で大切なのがこの3つです。
・水分
・塩分
・ミネラル
汗をかくと水分以外に塩分やミネラルも失われます。
脱水症状が起きたときに役立つのが飲む点滴ともいわれる「経口補水液」。

市販されていますが、自分で作ることもできます。
レシピは、水1リットルに対し塩小さじ半分、砂糖を大さじ4杯入れたもの。
これを飲んで「わぁ!美味しい!」って感じたら体の水分は不足しています。
ただ、糖分が多いので飲みすぎには注意が必要です。

水分はこまめに飲むのが基本。
一気に飲むと過剰な水分と判断されて排出されてしまうんです!

またカフェインが多い飲み物も、
利尿作用があるため熱中症対策としてはふさわしくありません。
スポーツドリンクやミネラル入りの麦茶などがオススメです。

熱中症は夜間にも起こる?

熱中症

夜は気温も下がるので熱中症とは無縁、と思っていませんか?
ですが時間が経ってから症状が出ることもある、ちょっと面倒な熱中症もあるんです。

日中は特に何ともなかったのに、夜になって急に頭痛がするようになるのは体の消耗からくるもの。
また、数日経ってからやってくる少しのんびりした熱中症もあります。

よく人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言いますよね。
汗を我慢して寝ているとさらに多くの汗をかき、体内の水分量が減り熱中症のリスクが高まります。

気温がそれほど高くなくても湿度が80%を越えると、熱が体内にこもってしまって脱水症状に。
いろいろと熱中症になる要因はあるんですね(T . T)

そして熱中症は長引くこともあると言われています。
病院で点滴をしてもらっても、体内の機能が元に戻るまで数日かかることもあります。

その間は再び熱中症にかかりやすい状態でもあるので、
体調がしっかり戻るまで気を緩めないようにしましょう(^ ^)

まとめ

熱中症

熱中症による頭痛は脱水症状になることが主な原因です。
普段から水分を多く取るように心がけていましょう(^ ^)

吐き気や嘔吐などを伴うときは、治療が必要な場合もあります。
単なる頭痛と思わずに、症状が改善されないときは病院に行くことをオススメします。

スポンサードリンク

 - 健康 , , , ,