これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

あなたの顔汗、顔面多汗症かも!?原因や対策を調べてみました!

   

スポンサードリンク

顔面多汗症
顔汗がひどくて悩んでいるあなた。
もしかしたら顔面多汗症という病気かもしれません。
どういう病気なのか、原因や対策についてみていきましょう。

スポンサードリンク
  

顔面多汗症とは?

顔面多汗症
まずは、顔面多汗症がどういった病気なのか詳しく見ていきましょう。
そもそも「多汗症」とは、字のごとく、汗を多くかいてしまう症状のことを言います。

この原因としては、緊張から来るものや、ストレスなどによる自律神経の乱れと言われています。
そして、「顔面多汗症」というように、多汗症の中でも、人それぞれ汗をかく部位は違ってきます。

顔面多汗症は、顔に多く汗をかいてしまう人に当てはまります。
これは、何となく汗を多くかいているような・・・という程度ではありません。

夏場でもない、涼しい場所にいても汗が多い、
寝ているだけなのに汗をかいているという人が当てはまります。
女性であれば、メイクが崩れやすいという人もいると思います。

顔面多汗症は治らない?

では、顔面多汗症は治る病気なのでしょうか?
まずは、原因の改善からはじめてみましょう。

緊張をほぐす、というのも中々難しいですが、
自分の中で緊張を落ち着かせられる暗示や、リラックス法を見つけましょう。

ストレスを溜め込まないように、
日頃からストレス発散をする場を設けることもよいでしょう。

しかし、そう上手くは行かないこともありますよね。
そんなときには、病院で注射や薬を処方してもらうことも出来ます。

多くは、「神経遮断薬」といって、汗を止める作用のある薬を処方されます。

注射も効果がありますが痛みが強いことと
保険が適用されないことで高額なこともあり、
まだそこまで認知度は高くないでしょう。

薬は飲みたくない!という人には、漢方がおすすめです。

顔面多汗症の対策!

顔面多汗症
顔面多汗症の困る点は、「常に汗をかいてしまう」という点です。
ハンカチはもちろん手放せないでしょうし、毎日の化粧直しも面倒ですよね。
では、どうやって対策していくとこういった悩みを少しでも解消できるのでしょうか?

まずは、ツボ押しです。

親指と人差し指の間にある「ごうこく」というツボは、
汗を抑えることが出来るツボです。

他にも、「半側発汗」といって、
身体を圧迫することにより汗を止めることが出来る方法です。

顔汗を止めたいときには、脇の下あたりを圧迫することにより、
顔の汗を抑え下半身の発汗を促進させます。

また手首や首を冷やすと、汗がでにくくなります。
濡れタオルなどで冷やしてみてくださいね。

夏場であれば、保冷剤をタオルで巻いて首にあてておくと、
とてもひんやりして、汗もあまりかかずにすみます。

まとめ

顔面多汗症は多汗症の中で顔に汗が集中してしまうことをいいます。
対策としてはツボ押しなどがありますが
そもそもの原因である、ストレスを解消することから始めてみましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 , ,