これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

太ももに炎症を起こす股ずれ!予防法と治し方はこうする!

   

スポンサードリンク

股ずれ 治し方
太ももに炎症を起こす股ずれ。
夏場に痛みを訴える人が多いのは何故なんでしょう?
股ずれとはそもそも何なのか、そして予防法と治し方はあるのか。
詳しく調べてみましたのでご紹介します!

スポンサードリンク
  

夏場に起きる「股ずれ」とは?!

みなさん、急に太ももにヒリヒリとした痛みが走ったことはありませんか?

何もぶつけた覚えもないし転んでもない・・・
ではなぜ…?

それは股ずれかもしれません。

股ずれとは太もも同士が何度もこすれあった結果、
摩擦が起きてしまい肌が炎症を起こしてしまう状態のことを言います。

赤くなってヒリヒリしたり、ひどくなればただれて汁が出るほどになることもあります。
この股ずれの原因としては、第一に「肥満」があげられます。

原因が「太ももの擦れ」ですから、
太ももの肉付きが良いと当然なりやすくなります。

その他にはスポーツなどが原因になることもあります。
ウォーキングを長時間した場合に、股ずれになってしまう人も少なくありません。

この股ずれは一度起きてしまうと痛みで歩くことも困難になります。
太ももが炎症を起こしているので今度は触れ合わないように注意して歩きますよね。

その結果別の部位に負担がかかり別の炎症を起こしてしまう可能性もあるんです。

特に夏場は太ももにも汗をかきますので
摩擦係数が大きくなり炎症が起こりやすくなるのでこまめな汗取りをしてくださいね。

股ずれの治し方!予防編

股ずれ 治し方
まず股ずれを起こさないためにどうしたらよいのか予防法についてご紹介します。

☆女性

・ガードルを着用する
 パンツの下にガードルを着用すれば、1枚布が増えるので、
 足へのダメージを普段より抑えられます。

・ストッキングやタイツ
 スカートの時は生足は避け、ストッキングやタイツを着用する

・歩き方に注意
 女性に多いのが内股で歩く人です。
 この場合太ももが触れ合ってしまうので股ずれになる可能性があります。
 正しい歩き方に改善しましょう。

☆男性

・肌着の着用
 スーツのパンツの下はスパッツやズボン下を履いて
 肌と肌との摩擦を減らし肌への炎症を防ぎます。

・スーツの着回し
 スーツを1着で着まわすと毎日同じ摩擦ですぐにパンツの太もも部分に穴があく。
 数本を回して履くのがよい。

このように多くの場合は服装によって防ぐことが出来ます。
それでも股ずれになってしまうこともありますので
次に股ずれの治療についてご紹介します。

股ずれの治し方!治療編

股ずれ 治し方
股ずれの治し方についてご紹介します。
ならないための予防をしてもなってしまう人は多くいます。
その場合、とても痛みが伴うので我慢するのも辛いですよね。
治療として、どうしたらよいのかご紹介します。

◇ワセリンを塗る

炎症が起きている箇所を清潔にするため拭き取りなどをし、ワセリンを塗ります。
その上から絆創膏やラップをします。

こうすることで乾燥から防ぐことが出来、体液の働きで傷を治してくれます。

◇キズパワーパッド

キズパワーパッドは傷口にバイ菌が入らないように保護してくれる役割と、
更に乾燥させないようにしてくれるので傷が治りやすくなります。

◇皮膚科の受診

色々試しても治らないひどい炎症もあります。
ただれて汁が出るほどの場合は、皮膚科を受診してください。
即効性のある薬を処方してくれます。

股ずれの炎症には、表面が少し痛む場合と
内側まで炎症が拡がり粘膜むき出しのように
皮膚がはがれてしまうようなひどい炎症と様々です。

どうしても治らなければすぐに自己治療は諦めて、専門家に任せましょう!

まとめ

股ずれの原因はわかりましたか?
股ずれは治れば痛みは収まりますが繰り返し起こすと
色素沈着を起こし黒ずみの原因にもなります。
早急な治療と、まず予防策をしっかりとってくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,