これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

毎日続く下痢の原因は?治し方は?メカニズムを理解し対策を取ろう!

   

スポンサードリンク

下痢が続く
この毎日続く腹痛は何だろう・・・
いつも下痢ばかり。原因が何かわからない・・・
そんな方に下痢のメカニズムや原因を追究し、対策を一緒に考えましょう!

スポンサードリンク
  

下痢のメカニズムとは?

そもそも下痢とは、健康な便が水分60%から70%ほどのところが、
これより水分が多いと便が柔らかくなり軟便、水分が
90%を超えると下痢となってしまします。。

何故そのようなことが起こってしまうのでしょうか?
気になりますよね。
実はこういった原因があったのです!

◇急性の下痢
症状:1日に数回から数10回にわたって便意をもよおす。2週間以内で治まる。
原因:食中毒などによる感染性。暴飲暴食などによる非感染性。

◇慢性下痢
症状:1日に数回程度。3週間以上続くもの。機能性の下痢とそれ以外に分けられます。
原因:機能性の下痢は生活習慣やストレスが原因。過敏性腸症候群の場合もある。

食生活の乱れは、食生活を改善すれば明日にでも症状は改善されます。
しかし、ストレス性の下痢や腹痛は
ストレスの根源をなくさなければ、なかなか改善しません。

下痢の原因とは?

では、下痢の原因として考えられるものをあげていきます。
当てはまるものがあるはずです!

◇風邪や体調不良からの消化不良
病気をしていると、体力が落ちていきますよね。
それに伴って、腸の機能も低下してしまいます。
そうなってしまうと、食べたものの消化もうまくされず、
下痢や腹痛が起こってしまいます。

◇食事の量や質
脂っこいものを食べ過ぎていないか、体を冷やすものを飲みすぎていないかなど、
食事の乱れが腹痛を起こしている可能性があります。

◇精神的なストレス
自分では気づかないところで、精神的なストレスが少しづつ溜まってはいませんか?
心より体は正直です。
ストレスが直で体の不調に繋がっているかもしれません。

◇病気の可能性
肺炎などの感染病から、下痢を引き起こすことがあります。
食生活が乱れてるわけではないのに、急に下痢が続きだした場合は、
何かしらの病気にかかっているかもしれません。
受診するとよいでしょう。

下痢への対策は?

下痢
まず対策を考える前に!
原因ははっきりしていますか?
下痢の原因によって、とるべき対策は大きく変わってきます。

食べ過ぎや飲み過ぎ、食当たり、
身体を冷やしたなど思い当たることはありませんか?
この場合は食生活を見直しましょう。

これからできる対策としては、

 ◇水ではなく白湯、番茶、常温のスポーツドリンクを飲む
 ◇おかゆ、うどん、野菜スープ、お味噌汁、ヨーグルト、果物を積極的に食べる
 ◇キノコ、ネギ、タケノコ、レンコンなどの食物繊維が多いものは
  お通じが良くなってさらに下痢になりやすくなるので避ける

ストレスからきている場合は、
ストレスの根源がなにかを更に追及し、取り除きましょう。

仕事や友人関係のストレスは中々難しいですが、
考え方を変えるなどし、なるべくストレスとならないよう意識してみましょう。

 ・趣味や遊びに没頭すること
 ・お風呂やマッサージなどでリラックスすること
 ・美味しいご飯を食べて気持ちを満たすこと

こんな工夫でストレスが軽減するでしょう。

まとめ

下痢の原因は、身体的な面と、精神的な面からくるものに分かれます。
体調不良の際は、更に下痢へと悪化させないために
早く病院を受診し、体調を治しましょう。

精神的なものも、普段の考え方や、
自分のリラックスできることを見つけることで楽にしていきましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,