これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

埋没毛が出来る原因は生活習慣にあった?埋没毛の予防と対策とは?

   

スポンサードリンク

埋没毛
あなたの肌には、「埋没毛」が出来ていたりしませんか?
ここでは、埋没毛の原因や予防の仕方、
そして出来てしまった埋没毛の治し方をご紹介します♪

スポンサードリンク
  

埋没毛って何で出来るの?

そもそも埋没毛とは何かといいますと、毛は本来毛穴から、肌の表面に出てきています。
ですが、埋没毛は表面には出てきません。

肌に入ったまま、皮膚下で毛が成長してしまっている状態の毛のことを言います。
ネーミング通り、皮膚に埋まってしまっているのです。

ではなぜこうした埋没毛が出来てしまうのかということになりますが、
全員が全員、そして全部の毛穴から出る毛がそうなっているわけではありませんよね?

なる人と、ならない人では決定的な違いがあるのです。
それが、「生活習慣」です。

生活している中で、埋没毛が発生しやすい習慣を
知らず知らずのうちにやってしまっているのです。

例えば、

◇無駄毛の処理でダメージを与える剃り方をしている
◇深剃り、逆剃り、毛抜きでの処理のやり方を間違えている
◇一気に引き抜いたり 強く引っ張るなど肌に負担をかけている

これらのムダ毛の処理の仕方をしている人は、圧倒的に埋没毛が発生しやすいと言えます。
埋没毛に悩んでいる多くの人に、これらの身に覚えがあると思います。

逆に言うと、正しい無駄毛の処理をしている人は
こうした埋没毛には極めてなりにくいといえます。

埋没毛は予防できる?

では、埋没毛が出来ない無駄毛の処理方法とは
一体どんな方法なのでしょうか?

女性の多くが無駄毛の処理を行っていると思いますが、
実は間違った方法をとっている人も少なくないのが現状です。
正しい処理の仕方を学び、埋没毛にならないよう気を付けていきましょう。

◇正しい無駄毛処理≪剃り方編≫

・剃るのは毎日はNG
・剃る日は生理日前後は避ける(ホルモンバランスが乱れている期間で肌が敏感である)
・ボディソープNG!すぐ流れてしまい肌を守ってくれません!
 ワセリンなどを使用しましょう

以上のことに気を付けて剃っていきましょう。

①蒸しタオルで剃る部分を温め毛穴を開かせ、毛を柔らかくする
②ワセリンを塗り肌を保護する
③毛流れに沿って丁寧にカミソリで剃る
④保湿力の高いローションやクリームで保湿する

これらの方法を行うことで、肌へのダメージを最小限に抑えることが出来ます。
ですが、そもそも毛を剃ること自体が肌にダメージを与えるということをお忘れなく!

埋没毛を治すためにはどうしたらいい?

埋没毛
では最後に、すでに埋没毛になってしまったとき、
どうしたらこの埋没毛を治し、元のツルツルお肌に戻すことが出来るのか調べてみました!

埋没毛を見つけたとき、ぽつぽつとした肌の中に
確かに毛が埋もれているのが目で確認できると思います。

これを無理やりほじって出そうとしたりすると、肌を更に傷めることになります。
更には毛穴をむき出しの状態にしてしまうことで、細菌なども入りやすくしてしまいます。
無理に抜こうとするのは絶対に辞めましょう。

埋没毛の治し方には

◇ピーリング
◇レーザー脱毛
◇保湿クリーム
などがあります。

◇ピーリング
ピーリングを行うことによって埋没毛に
覆いかぶさっている厚い皮膚が少しづつ剥がれてきます。
そうすることで埋没毛が表面に出てきます。

◇レーザー脱毛
今では美容サロンなどで、埋没毛を脱毛することも可能になってきました。
あまりにも埋没毛が多くて、自宅でのお手入れが困難であれば、プロに相談してみましょう。

◇保湿クリーム
保湿クリームで皮膚を柔らかくすることで、
埋没毛が皮膚上に出てきやすい状態を作ることが出来ます。
市販の保湿力の高いものや、皮膚科でも皮膚を柔らかくする薬を処方してもらえます。

まとめ

埋没毛には確かに治し方があります。
ですが即効性はなく、完全に治るのにはとても時間がかかります。
ちゃんとした原因があるので、その原因を行わないようにすることや、
予防策を取ることで、埋没毛にならないようにするのが一番大切だと言えます。

スポンサードリンク

 - スキンケア, 美容 , , , ,