これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

子育ての悩みのトップ!しつけって何が正しいの?叱り方の正解は?

   

スポンサードリンク

子育て 悩み
子育てって本当に悩みの連続ですよね。
解決したと思ったら、次の悩み・・・
そんな悩めるお母さんのために、
今回は、しつけと叱り方について調べてみました!

スポンサードリンク
  

子供の叱り方は何が正解なの?

子育てで起こる悩みの中でも、
必ずどのお母さん、お父さんも頭を悩ます「しかり方」について。

子供がいけないことをしたら、叱ることは当然ですし、
それが子供のためになると思って、どのお母さんも子供を叱っていますよね?

しかし、どんな叱り方が正しいのか、
この叱り方じゃいけない気がする・・・とは思っていても、お母さんも人間です。

叱っている時の子供の態度に、自分の感情が入ってしまい、
ついつい大きな声を出してしまう、なんてこともありますよね?

心では分かっているのです。
時に間違った叱り方をしてしまっても、自分を責めないでください。

ここでしっかり叱り方について学び、今度のしつけに生かしていきましょう。
その気持ちが子供に伝わる日が必ず来ますよ!

正しい叱り方については、とにかく「思いやりを忘れないこと」です。
「ついつい怒ってしまう」という感情は、子供のためでなく、自分がイラっとしたときの感情です。
叱るというのは、相手を思いやって注意することを言います。

具体的な叱り方としては、大声で怒鳴らないこと、
子供が年齢的にまだ難しいことで叱らないこと、
叱ったあとは抱きしめるなど愛情を伝えること、暴力を振るわないこと。
これらのことに注意して叱るようにしましょう。

また、長々と叱ることは、子供には理解が難しく何がいけないのか分からなくなります。
何がいけないのか、子供が分かりやすいような叱り方をしましょう。

特に2歳ごろの小さな子供には、言葉があまり伝わらないこと、
そして本人も理解が追い付かないことからどれだけ叱ってもきょとんとしてしまいます。

いけないことだけは伝えるようにし、そこまでがみがみ怒る必要はありません。
もう少し大きくなり、言葉を発することが出来るようになったときには、
「なぜそうするのか」など、子供の意見も聞き入れ、
それがどういけないのかを教えてあげるような叱り方が出来るといいですね。

しつけってどうやるの?何をしつけたらいいの?

では、続いてはしつけに関しての悩みですが、叱り方にも関係してきます。
そもそも、「しつけ」と聞いても、何をしつけとしているかは家庭によって異なると思います。
何を重要視している両親なのかによって、それを子供にさせた方がいいと思うのかが違うからです。

そもそも、しつけっていつから始めるべきなのでしょうか?
生まれたての赤ちゃんに、しつけはいらないことは誰でもわかることですね。

しかし、実はしつけは0歳児からでも始まっていくのです。
それは、「しつけ」というものが、叱ることでも
ルールを厳しく教え込むことでだけではないからです。

0歳の赤ちゃんには、両親や身近な親族と
コミュニケーションをどう取るかを教えてあげることなのです。

スキンシップなどによって、赤ちゃんは「信頼」という気持ちを本能的に感じていきます。
これが、はじめてのしつけになるのです。

それからは、食事中のしつけや、公園などでお友達と遊ぶ時、
お店の中での過ごし方のしつけなど、
動き出した子供たちには多くのしつけが必要になってきます。

例えば、お店の中でどうしても走り回ってしまう子供。
ルール的にはもちろんいけないことです。

人やカートにぶつかってしまい、子供自身がケガをする危険もあります。
でも、子供は「ダメ」というだけでは、走るのをやめてはくれません。
1度言われたくらいで出来る子供がいたら、逆にみてみたいですね。

こうしたときには、根気よく、店に入る前、車の中などで、
「店の中ではお手手をつなごうね」「お店ではゆっくり歩こうね」
「かっこいいカートに乗ろうね」など、出来るか分からなくても言い聞かせるようにしましょう。

いっても分からないことは、言わなければ絶対に分かりません。
しつけにはイライラが伴いますが、あなたの言葉で
今後の子供のマナーを守らなければと思う心が変わってくるんです。

しつけでやってはいけないことは?

子育て 悩み
しつけは、子供が成長していくうえで
必ず親がしっかりと行わなければならないことです。

だからこそどうしつけたら一番子供にとってよいのか、
お母さんとお父さんは頭を抱えてしまうんですよね。

では、しつけの時に、どうしたらいいのか、
しつけの時のNGなポイントをご紹介します。

・子供の意思を潰すこと
 子供にも子供なりの意思があります。それは、どれだけ小さくてもです。
 その意思を完全に潰すような発言は控えましょう。

・習い事などを辞めさせない
 継続することが大切だというしつけも確かに必要です。
 しかし、辞めたいと言っている子供に理由も聞かず、
 続けさせることは正しいしつけとは言えません。

・親が勝手に決めたルールに従わなかったら叱る
 これは、多くの親がやってしまっているかもしれません。
 家庭内ルールは、大切ですので、それをしっかり言い聞かせて
 それでも守らないときには、注意するようにしましょう。

・顔や頭を叩く
 しつけとして、軽く頬や頭をはたいたりしてしまっていませんか?
 これは、子供の恐怖心を増やすだけです。

しつけの中で子供にでも納得のいかないことは出てきます。
理不尽なことは、子供でも気づきます。
しつけは信頼関係の中でこそ成立します。
子供の信用を失わないようにしましょう。

まとめ

子子育ての中で、しつけや叱り方といったことは、
子供の感情に深く刻み込まれるものです。

間違ったしつけをしないよう、
そして子供の感情を抑え込まないようなしつけをしていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 子育て , ,