これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

爪水虫に治療法はあるのか!外仕事の人は要注意!治療は困難?!

   

スポンサードリンク

爪水虫 治療法
爪水虫はなったら治らない?!やっかいな病気を治す方法はあるのか?
治りにくいとされている爪水虫にも完治する可能性もあります!
一体どんな治療法があるのかご紹介していきます!

スポンサードリンク
  

実は怖い爪水虫!一体どんな病気なのか!

「爪水虫」、聞き慣れない言葉かもしれませんね。
水虫はみなさんご存知の通り、足がぐちゅぐちゅになったり
人に移してしまったりとやっかいな病気なことは有名ですね。

しかし、爪水虫もまた、奥深くまで進行し、
人への感染も引き起こすやっかいな病気なのです!

しかも水虫は、かゆみや痛み、見た目での変化など分かりやすいこともあり、
比較的早く気付けるため、治療も早期から始めることができます。

その点爪水虫は、見た目での変化の前に進行し、
異常が起こっても、見た目では病気だと見極めるのは難しいのです。

それに加えて痛みやかゆみの症状は初期ではほとんどなく、
「気づかぬうちに」進行してしまうのが、水虫よりやっかいな点です。

感染初期だと変化は小さく、進行するに従って爪が黄色~黒に変色します。
その後、末期にはボロボロと乖離していきます。

足水虫から爪水虫へうつることで発症することが多いですが、
逆に爪水虫から足の水虫へうつることもあります。

それは先ほど述べたように発症に気づかないため、
治療が遅れ、その間に爪から足に感染してしまうためです。

毎日蒸れた足は清潔にし、そもそも水虫に感染しないことが大切です。

爪水虫は治りにくい!治療法はあるのか?

治りにくいとされている爪水虫ですが、治療法はあるので安心してください♪
どんな治療法があるのでしょうか?

効果が期待できるものとそうでないものがあるのでチェックしてくださいね!

外服薬
一般に水虫もそうですが、塗り薬があります。
しかし水虫と違って、更に奥深くに進行していることが考えられるので、
なかなか奥までは浸透せず、爪水虫に塗り薬はあまり効果がないとされています。

内服薬
爪水虫に9割の効果を与えるとされているのが、ラミシール錠、イトリゾール錠という内服薬です。
外服薬では届きにくい奥まで治療が望めるとされています。
しかし、肝臓へ影響を与える場合があるので、医師からの処方と定期的な検査が必要です。

レーザー治療
レーザーでの治療は、麻酔なども必要が無いため痛みもなく安全性もとても高いと言えます。
治療時間も10~20分と短いことも、治療を行ううえで始めやすいです。

1ヶ月に1回程度の頻度でレーザー治療を行っていきますが、長期的に行っていくことになります。
この治療は副作用がないので、飲み薬が副作用で使用できなかった人にはありがたい治療法です。

爪水虫の治療法!対策編

爪水虫 治療法
治療法は上記のようにしっかり確立されていますが、
そもそもは治りにくいとされていますので、「予防」していくことが大切です。

次に「爪水虫にならないための対策」を紹介します。
毎日しっかりケアすることで、爪水虫を寄せ付けないようにしていきましょう!

☆菌の寿命は24時間!

爪水虫の原因となる白癬菌は、
皮膚についてから感染するまでには24時間かかると言われています。

つまり寿命があるのです!

その寿命の時間内で、菌を洗い流せばそもそも感染しません。
毎日お風呂に入り、足を清潔にすればいいだけなのです。

☆水虫を根絶せよ!

さきほども述べましたが、爪水虫は水虫から感染が広がるケースが大半です。
水虫であれば、外用薬のみでの治療も可能であり、比較的簡単に治ります。
爪水虫に感染する前に水虫を完治させればよいのです!

☆足湯が効果あり?!

白癬菌は、温度15℃~20℃で最も活性化します!
そのため、それ以上の温度の足湯を日常化させれば、
毎日除菌・殺菌することが出来るのです。
足湯の温度は、40~45℃が適温です。

まとめ

爪水虫はなってしまうと治療は難しいです。
しかし根気よく治療を続ければ、完治も可能な病気です。

諦めず治療を続けていきましょう。
もちろん治療中も、水虫予防もしっかり行っていくことで、
菌の増殖を阻止しましょう!

スポンサードリンク

 - 健康 , ,