これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

代表的な仏具の役割|経机(きょうづくえ)に並べる仏具

   

スポンサードリンク

経机(きょうづくえ)に並べる仏具
仏様に合唱し、拝むときには必ず、ロウソクに火を灯し、線香を立てて、リンを鳴らします。
宗派によって多少の違いはあるにせよ、こういった流れが一般的です。

誰に教わったわけでもなく、家族がやっていることを見て覚え、葬儀に出席して見て覚え、
知らないうちに日本人の体には染み付いています。

スポンサードリンク

お仏壇はほとんど、どの家庭にもありますが、その仏壇の手前に大きくて重い机を置きます。
それは「経机(きょうづくえ)」と呼ばれ、仏具を並べておきますが、
もうひとつの目的として、ロウソクに火を点けたり、線香を使ったりするうえで、
取り扱いが危ないので手前に置くのです。

仏具の中では水や火は入れない方がよいからです。
仏具はほとんどの素材が「木」であり、生きているものです。
水を入れれば湿気で歪み、火を入れれば簡単に燃えてしまいます。
こういった戸とが考慮され、仏具の中の花は造花を使います。

リンの役割

リンはほとんどの宗派を問わず使われています。
大きさや形の種類は多く、インテリアを重視したものや、色鮮やかなもの、
変わった形のものや、音色の違うものなど、幅色いです。

リンを鳴らすと「リーン」と長く美しい音色が響きます。
この音色は、邪気を払うとされており、極楽浄土まで届くともいわれています。
ご先祖様や仏様に、感謝の気持ちが伝わっている証でしょう。

リンの叩きかたは上からではなく、横からフチに沿うように優しく叩きます。
響きかたや音色が違うので、叩く機会があればその違いを感じてみてください。

リンを乗せるリン台、リン布団、リンを叩くリン棒、リン棒を乗せるリン棒台があります。
経机(きょうづくえ)に合わせた大きさを選びましょう。

線香の役割

線香はとてもいい香りがします。伽羅、白檀、月桂樹など高価なものから、
お茶の香り、花の香りなどリーズナブルなものまで、お墓参り用など種類があります。

線香はロウソクの火からうつして灯しますが、このときに口で吹き消してはいけません。
必ず手で消します。(下から上にすっと撫でるようにすると、火は一瞬で消えますし、手も熱くありません)
人間の口は穢れていて、口から出るものは不浄で汚れていると、仏教での前提が背景にあるようです。

香りは仏様やご先祖様の食事とされています。また線香の煙や匂いで、その場を清めるともされています。

ロウソクの役割

ロウソクは天照大神がの時代から使われています。
その存在は神聖なものとされ、暗闇を明るく照らす力は、煩悩の闇にも光を当て、邪気を払い、
浄化して幸運を呼ぶとされています。
これは日本だけでなく、世界においても同じような目的でロウソクを利用しているようです。

ロウソクはロウソク立てに立てて使いますが、溶けたロウは溜まって固まります。
これはなかなか取れにくいものです。
そこへ熱湯をかけるとロウはすぐに溶けて、綺麗に掃除をすることができます。

その他の仏具

経机(きょうづくえ)に並べる仏具
リン、線香、ロウソクは必需品とも言えますが、
その他の仏具も経机(きょうづくえ)に並べておいてもよいでしょう。

・マッチ消し(あれば便利です)
・線香立て(いちいち箱から取り出さなくてもいいので便利です)
・経机(きょうづくえ)に敷くガラス板もしくは不燃織物(経机(きょうづくえ)では
火を扱うので防火対策としておすすめです)
・香呂(線香を立てるための灰を入れた器です)などがあります。

まとめ

仏具のイメージは持ちにくく、ましてや自宅に仏壇がないと余計に遠く感じます。
そう感じるのであれば、仏具店に足を運んでみてください。

昔、どこかで見たような暗いイメージは一新され、
インテリア?家具?とも思えるようなものが並んでいます。

どの世代でも気軽に買えるものになっています。自分の求めるものがきっと見つかるはずです。
ご先祖様へ、仏様への感謝の気持ちを忘れずにしたいものです。

スポンサードリンク

 - 仏事, 豆知識 , ,