これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

彼岸とは何?なぜ7日間?彼岸にすることとは?

   

スポンサードリンク

彼岸とは
彼岸とは何かについて紹介します。
各宗派、真言宗や浄土真宗、曹洞宗、浄土宗などありますが
お彼岸にお墓参りをされる方も多いかと思います。
今回は彼岸を知ること、疑問について書いてみました!

スポンサードリンク
  

彼岸とは?

この世を「此岸」、あの世を「彼岸」として、煩悩と迷いの世界(此岸)から、
悟りの世界(彼岸)へ到達するための修行期間とされています。

彼岸は年に2回あり、墓参りなどをしてご先祖さまへ合掌、感謝します。
 
春分の日と秋分の日をそれぞれ真ん中にして、前後3日、
合わせて7日間行われる、日本特有の仏教行事です。

春分の日と秋分の日は、昼夜の長さが一緒になる特別な日です。
真東から昇った太陽は真西に沈むので、
彼岸(あの世)に最も通じやすい日とされたようです。

彼岸の1日目を「彼岸の入り」、4日目を「中日」、7日目を「彼岸明け」とよびます。

彼岸はなぜ7日間?

この期間は菩薩が涅槃の境涯にたどり着くまでの修行期間です。
それは「六波羅密」と呼ばれます。

●布施・・・分け与えること。寄付や施しをする。
●持戒・・・秩序、規律、モラルを守ること。正しくすること。
●忍辱・・・我慢、耐えること。怒りをあらわにしないこと。
●精進・・・努力すること。
●禅定・・・心おだやかに、安定させる
●智慧・・・知恵をだす、あらわすこと。

インドのサンスクリット語にある「ハーラミータ」は、
「向こう岸に渡った」という意味があり、六波羅密の言葉の由来とされています。

この言葉のとおり、6つの修行をすることで、
彼岸にたどり着くことができるとされています。

ぼたもちとおはぎ

お彼岸には団子をお供えします。
小豆のあんこが入った団子で、見た目も似ています。
名称だけが違うのですが、それには理由があります。

春のお彼岸は、ぼたもちと呼ばれます。牡丹の花が美しく咲くからです。
秋のお彼岸は、おはぎと呼びます。萩の花がきれいに咲くからです。

そして、団子の中身のあんこの原料である小豆は魔除けや解毒作用があるとして、
農耕文化の根強い日本では古くから親しまれてきました。

春にはぼたもちをお供えして、農作物が無事に成長し豊作になるように、祈りをこめました。
秋にはおはぎをお供えして、無事に農作物を収穫できたことへの感謝をこめました。
これが始まりとされています。

西洋文化が多く浸透していく日本でも、まだまだ農耕文化の影響は消えることはないようです。

彼岸にすること

彼岸とは
正月やお盆のように、豪華に大袈裟に飾りつけをする必要はありませんが、
最低限、ご先祖様に感謝の気持ちを現すべく、覚えておきたいものがあります。

墓石を洗いましょう。
ご先祖が眠る場所をきれいにすることで、生きている私たちの心もきれいになります。

仏壇を見直しましょう。
まずは掃除をします。修理が必要なものはないか、足りないものはないか確認します。
線香やろうそくも足りなければ買い足します。

高月の右側はお菓子、左側には果物を供えます。
数は奇数でなければなりません。高月の大きさに合った数にします。

三つ穴の仏飯ではなくて、仏膳を供えます
毎日取り替えます。おかずや汁物は、故人の好物、または私たちと同じものでかまいません。

お寺とお墓参りに行きす。
7日のうちに、いつ行くという決まりはありませんが、
好きなときに行ってもいいということもありません。
行くタイミングがわからないようなら、近所の人に聞いてみたり、一緒に行くとよいでしょう。

生きていることへの感謝、すなわち日々修行

お盆や正月はお休みがあるのに、彼岸はありません。
休みがないから帰省して、墓参りはしなくてもいい、なんてことはありません。

本来であれば、帰省して、お仏壇とお墓におもむき、
合掌して生きていられることへ、ご先祖様に感謝しなくてはいけません。

ご先祖、仏様が見守ってくださるからこそ、
今こうしていられることに、心から合掌しましょう。

スポンサードリンク

 - 仏事, 豆知識 , , ,