これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

宗派の歴史~現在に至るまで

   

スポンサードリンク

宗派の歴史
人間はいつでもどんなときでも、救いを求めて生きています。
それはどの時代に限らず、現代人にもいえることです。
因果応報、自業自得などといった言葉は、この考えに少なからず影響を受けて作られたはずです。

スポンサードリンク

宗派の歴史

悪いことをすれば戒められ、良いことをすれば誉められ、誰でも幼いときから、
親や教師、祖父母、周囲から教わって成長していきます。

日本に精通している仏教ではこういった考えが顕著に表れています。
元をたどっていけば、すべてがお釈迦様の教えにたどり着くのです。

平安時代、かの有名な最澄と空海は遣唐使として何度も中国に渡っているうちに、中国の密教に感化されます。
何年か経ち、最澄は比叡山に、空海は高野山にそれぞれお寺を建て、
独自の思想や世界観を取り混ぜた日本型密教のパイオニアとなります。

第二次世界大戦後には13宗56派の周波ができ、さらにそこへ宗教法人が参入すると、
様々な考えを持った僧侶たちが各々にお寺を持ち、宗派の分裂は勢いを増すのです。

こうして現在では、6系13宗160派もの系図ができあがります。

浄土真宗

日本で最も信者の多い宗教です。全国における寺院数も、およそ2万戸弱と言われています。
法然上人の弟子、親鸞が開いたとされ、阿弥陀の力で万人が救済される
南無阿弥陀仏と念仏を唱えれば、死後は速やかに極楽浄土で仏となって、
人々を救う手助けをするために生まれ変わると、説いています。

念仏は「南無阿弥陀仏」と唱えます。
本尊は阿弥陀如来です。

宗派は3つに別れており、約700万人と最も信者数の多い本願寺派、
次に約550万人の信者数がある大谷派、そして高田派があります。
本願寺派の総本山は京都の西本願寺です。

曹洞宗

日本には約15000戸の寺院があります。
道元上人が開いたとされ、只管打坐といって、
ただひたすらに座禅を行うことを重要視しており座禅を修行の中心にとらえる
即心即仏と説いています。

念仏は「南無釈迦牟尼仏」と唱えます。
本尊はお釈迦様です。
本山は神奈川県の総持寺です。

浄土宗

日本には約8000戸の寺院があります。
法然上人が開いたとされ南無阿弥陀仏と念仏を唱えれば、
仏の救済を受けて平和な日々を送ることができ、極楽浄土へ行ける
と説いています。

念仏は「南無阿弥陀仏」と唱えます。
本尊は阿弥陀如来です。
本山は京都府知恩院です。

自分の宗派を知っておく

宗派の歴史
各々の家には必ずお墓があります。
仏壇を飾る家は減少していますが、お墓を持たない家はなかなかないです。

お墓には先祖代々のご先祖様が眠っているので、安易に動かしたり無くしたりはできません。
お墓を管理してもらっているのが、寺院です。

まとめ

では我が家は何派?

高齢者ならまだしも、若い人はわからない方が多いんじゃないでしょうか。
知らなくてもいい、なんて思わないでください。
前述したように宗派にもいろいろあり、念仏を唱える言葉や、考えに違いがあります。

さらに詳しく言うと、仏具や飾りかたにも違いはあります。
戒名、葬送儀礼のやり方も違いますし、線香のあげかたも違う場合があるのです。

わからなければ寺院に直接聞いてみましょう。決して恥ずかしいことではありません。
自分の家がなんの宗派に属し、どういった考えがあるのか、
住職は詳しくわかりやすく説いてくれるはずです。

いま私たちが生きている社会は、ストレス社会、コミュニケーション不足社会、
睡眠不足、などと言われて決して喜ばしい言葉は何一つありません。

生きることに悩んだら、まずはお釈迦様に心を委ねてみてください。
きっと一筋の光がある方向を見つける手助けをしてくださいます。

スポンサードリンク

 - 仏事, 豆知識 , , ,