これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

花まつりとは?お釈迦様が生まれたときのお話

   

スポンサードリンク

花まつり
今回は花まつりについて紹介したいと思います。
お釈迦様が生まれた時のお話を中心にお話しします。

仏具店や、寺院などに足を運ぶと、6つの牙を持つ白い像にお釈迦様が乗り、
天と地を指差し、足元には多くの花が咲いている像があります。ぜひ、一度は見てみましょう。

異国の年中行事を取り入れ、自国の文化と融合することに長けている国、日本。
今日では、ハロウィーン、クリスマス、バレンタインなど西洋の行事が有名になりましたが、
お正月、お盆、お彼岸などの仏教行事も行われています。
さらには、地域や地元によっては、昔から受け継がれている伝統行事も行われています。

スポンサードリンク

お釈迦様の誕生日

約2500年前、ネパール地方をシャーキャ族が治めていました。
シャーキャ族の妃、マーヤー(摩耶)夫人はある夜、変わった夢を見ます。
それは、6つの牙を持つ白い象が、天から降りてきて、夫人の右脇から体内に入る、という夢でした。
象は聖獣とされていたので、夫人はすぐに、自分が跡継ぎを授かる兆しではないかと確信します。

ほどなくして夫人は懐妊し、里帰りの途中で、右脇から子供が産まれました。
王子さまです。王子さまは産まれるとすぐに、四方に7歩ずつ歩き、右手は天を、左手は地を指差して、

「天上天下唯我独尊」
(てんじょうてんげゆいがどくそん)
と、言われたそうです。

その足元には、春に咲く花が綺麗に咲き誇り、
このとき、天から甘露の雨が降り注いだとも言われています。
まさにこの日が4月8日でした。

シャーキャ族の王子、ということから、シャーキャが変化し、
シャカ、釈迦の当て字が使われたと言われています。

甘茶

お釈迦様が生まれたときに、天から降り注いだ甘露をあらわしたものが「甘茶」です。
アマチャヅルという植物の葉を煮出してつくられます。

お祭りのときには、お釈迦様の像に甘茶をかけてあげます。もちろん、私たちも飲むことはできます。
その甘さは、ショ糖の約400~800倍とされていて、
子どもたちからお年寄りまでが甘茶を飲んで、お釈迦様の誕生をお祝いするのです。

天下天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)

お釈迦様が産まれたときに話した言葉です。
調べると様々な解釈の仕方があり、どれが正しいとも載っていません。

私の上にも下にも、また他にも私は一人であり、それはただひとつの存在である。

私たちひとりひとりが、かけがえのない尊い命であり、あるがままに生きていることを自重する。

ひとつの命がこの世に産まれる、それはとてもかけがえのないもので、
唯一無二の存在であることをお釈迦様は自身の誕生をもって、
命あるものに教えてくださったのかもしれません。

花御堂

お釈迦様が産まれたときには、春に咲く花が綺麗に咲き誇っていたと言われています。
花まつりには、レンゲソウ、ヒナゲシ、ヤマブキなど
春を彩る鮮やかな花をたくさん飾りましょう。

日本における花まつり

花まつり
お釈迦様の産まれた、4月8日に花まつりをする地域もありますが、
場所によっては、5月8日に行う地域もあるようです。
5月はまた、初夏の花を飾り、お祝いします。

まとめ

なんだかんだと年がら年中、何かしらの行事に追われている、お祭り大好きな国、日本です。
でもこれは決して悪いことではなく、国際社会としては有利になるのではないでしょうか。
日本にいけば世界のお祭りが楽しめるとあれば、経済効果も見込めるはずです。

これは日本の最大の特色といえます。高度経済成長期を越えてもなお、
果てのない発展という進路を曲げることはないでしょう。

でもその根底には、ご先祖様を敬う、感謝する気持ちがあることは忘れてはいけません。
お釈迦様の教えがあってこそ、私たちは限られた命で生きることができるのです。

次世代を担う子供たちにも、この想いが途切れることのないよう
伝えていかなければならないのでしょう。

スポンサードリンク

 - 仏事, 豆知識 , , , ,