これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

イベントの王様バーベキュー!食材の準備は?道具は?手ぶらもOK?

   

スポンサードリンク

バーベキュー 準備 食材
おいしくて楽しいイベントの王様・バーベキュー。
青空のもとみんなでバーベキューするのは、想像するだけで楽しいですね。

スポンサードリンク

でも、いざやろうとなると、どんな食材や道具を準備すれば良いのか、
どんな場所に行けばいいのか、結構悩みます。
今回はそんな声に応えて、バーベキューの準備をまとめてみました。

バーベキューの食材準備は何をどんな風に?

バーベキューでまず気になるのが「食材の準備」
どんな食材をどのくらい準備すれば良いのか気になりますね。

(1)どんな食材を準備する?下ごしらえは?
準備する食材は、肉は王道の牛肉や、豚肉・鶏肉・ウィンナー・ハム
といったところでしょう。
豚肉のスペアリブはたれに30分以上漬け込んでしっかりと味付けを。

魚介類だと鮭・さんま・ぶりなどの魚やエビ、イカ、ホタテ、カキが
美味しいですね。

野菜はニンジン・キャベツ・しいたけ・エリンギ・とうもろこし・ピーマン・
玉ねぎ・アスパラ・パプリカ・じゃがいも・里芋・長ネギ・ししとう・なす・
マッシュルーム・にんにく・さつまいも・トマト・ズッキーニと様々です。

ニンジンはお好みの形に切っておき、とうもろこしは事前に茹でておきます。
ナスもカットしますが、色が変わりやすいのでカットは当日にするのが良いでしょう。
トマトは半分カットしてもまるごと焼いても、酸味と甘みの新たな風味が楽しめます。

2)食材の量はどれくらい良い?
準備するお肉の量は
「男性が1人300グラム、女性が1人200グラムくらい」
が良いとされています。

子どもがいる場合は
「中学生以上なら男の子1人300グラム、女の子1人200グラムくらい」で
「小学生なら1人200グラムくらい」
がちょうど良いくらいです。

他の食材、たとえば鶏肉やウィンナー、野菜などのの量にもよりますが、
たいていこのくらいの量が良い感じです。

バーベキューの道具の準備は?

食材の次は道具の準備です。

バーベキューグリルは4~5人に1台で用意すれば良いでしょう。
炭は3キログラムあれば2~3時間持ちます。着火材もあると炭に火をつけるとき役立ちますね。

火をつけるライターは柄の長い物の方が良いですね。
炭の着火は慣れていないと手間取るので、筒状の「火起こし器」もあると本当に便利です。

また火を消すとき、炭火が残っているときに水をかけると
水蒸気でやけどしたりグリルが変形したりすることもあるので、
「火消し壷」も持っていくと良いでしょう。

食材や飲み物はクーラーボックスに。夏のバーベキューでは
保冷剤や氷も多めに用意します。

トングは炭用と食材用で分けます。
お皿やカトラリーは人数よりも多めに用意するのが良いようです。

テーブル・チェアがあるとゆったりバーベキューを楽しめます。

ゴミ袋も持って行って開催場所のルールを守って仕分けましょう。
家に帰るまでがバーベキューです。

手ぶらでも楽しい!バーベキューのおすすめ場所

バーベキュー 準備 食材
結構準備が一仕事なバーベキューですが
なんと手ぶらでも楽しめるスポットがあります。

BBQガーデンと言われるようなこうしたスポットは結構あり、
食材や機材もオールインワン・本格的な道具も用意されています。

駅から近くて電車でバーベキューに行ける場所もあります。
BBQ道具を持って行かなくて良いので遊び道具をもって出かけて
アフターBBQも楽しめますよ。

まとめ

イベントの中でも美味しくて楽しいバーベキュー。
準備から楽しむも良し、手ぶらで行って楽しむも良し。
天気の良い日に、仲間と盛り上がってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - アウトドア, 生活 , ,