これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

夏のお弁当対策とおすすめレシピ&美味しいおかずの決定版!

   

スポンサードリンク

07b5e254692dbf18b43cf1e3bfe7d0bd_s
夏のお弁当対策についておすすめのおかずを書いてみました!
冬の間は、お弁当は、何でも入れられるので楽ちんですが、
夏になると食中毒や痛みが気になってしまい色々気を遣いますよね。

夏のお弁当対策と食欲、彩り、殺菌 美味しいおかずについて
知っておきたいことを書いてますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

夏のお弁当対策

5285aae010c96a59b77d882a96d0718f_s
まず、食中毒や痛みをなくす為に食材の方に気を遣いますよね。
しかし、お弁当箱にも殺菌は大切です。我が家では、自動食器洗い機で洗っているので熱湯で洗い乾燥も高温になります。
この様に、お弁当は必ず殺菌すること食器洗い機が無い方は洗ったあとに熱湯をかけたり
また、拭くのに使う布巾もバイキンの温床なので注意が必要です。

昔、実家ではお弁当箱にお酢を塗って消毒していました。
あとは、米も傷みやすいので炊く時にいくつかの梅干しをいれてから炊く時に
クエン酸の作用でご飯が腐りにくくなるそうです。

おすすめレシピ

389f953b681ada5892c9f338915e3efb_s
基本的に傷みにくいオカズは味の濃いものやお酢を使っているものです。
夏のお弁当のオススメレシピは、まずは、
1、アスパラレモン

アスパラガスを切ってフライパンで炒めます。バターと塩コショウで味付けします。
最後にレモン汁を振りかけて出来上がり。お弁当に入れるには、レモンを薄切りにして添えると殺菌効果もあります。

2、しっかり味付け生姜焼き

豚肉に、しょうゆ、みりん、酒、生姜絞り汁を混ぜてしばらく漬けておきます。
油を引いたフライパンで両面焼き上げる。

3、ごぼうと人参のキンピラ

ゴボウと人参を細く切る。ゴボウは、しばらく水にさらす。
フライパンで、ゴボウ、人参を炒める。
ごま油で炒めると風味が良くなります。

味付けに、しょうゆ、酒、みりん、ゴマをかけてしばらく煮詰める。
お弁当に入れるにはなるべく煮汁を無くす。
水分があったらクッキングペーパーで吸い取ってからお弁当箱に入れる。

美味しいおかず

ddb7a9bcb4f961c71d3e81ab9e8b009b_s
とっても美味しくて、食欲の無くなる夏にもってこいの美味しいおかずをご紹介します。

1、ハニーマスタードチキン

鶏肉(ももでも胸でも)をフライパンで焼きます。焼き色がついたら、
粒マスタード、コンソメ、はちみつ、しょうゆ、水を加えます。
しばらく煮詰めると出来上がり。食欲をそそる香りです。

2、じゃこ梅じそご飯

暑い夏には、ご飯が重く感じる時がありませんか。
そんな時には、さっぱり風味の味付けでいただきましょう。

ご飯に、ちりめんじゃことみじん切りにした梅干しと、
千切りにした青じそと白ゴマを加えてさっくりと混ぜます。

3、フライドズッキーニ

夏は、生野菜を入れると水分が出て良く無いのです。でも、彩りは大切ですよね。
ズッキーニを薄切りにして、軽く小麦粉をはたいて揚げます。
塩コショウで味付けして仕上げに殺菌効果のあるレモンをかけて出来上がりです。

まとめ

da0ead25d264f325982bec5c5ec80e8e_s
いかがでしたか。夏はお弁当に苦労する時期ですよね。
大切な家族が夏を元気よく乗り切れるように工夫して美味しいお弁当を作りましょう。

スポンサードリンク

 - 料理 , ,