これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

赤ちゃんの発熱。手足が熱いのはもしかしたらうつ熱かも?! 

   

スポンサードリンク

赤ちゃん 熱 手足 熱い
赤ちゃんの発熱について考えてみました。
どんな症状にも心配になります。

突然の発熱、どうしたらいいのか?
原因は?対処法は?
今回は赤ちゃんの発熱、
手足が熱い場合の症状と対処法について考えてみました。

赤ちゃんの発熱には2種類ある!

生後6ヵ月あたりの赤ちゃんはママからもらった抗体が少なくなり
熱を出すなどの症状が出始める。
と聞いた事があると思います。

それまで病院に掛かることなく元気に育っていたので
うちは大丈夫かな。なんて高をくくってましたが
うちの娘も例に漏れずにちょうど6ヵ月過ぎに初めての熱を出しました。

赤ちゃんの発熱はなんといっても
お話が出来ないので何でも手探り状態。

これで大丈夫かな?と不安だらけ。

正直身体も精神も疲れ果てたのを思い出しました。

そして追い討ちを掛けるように
自分が貰ってしまうという結果に。

この発熱自分が移った
ということは一般的にいう風邪。

発熱のなかでも風邪の症状がなく
急に高体温になってしまう
「うつ熱」というのがあります。

先ほどもいった通りお話し出来ない赤ちゃんは
暑いや、喉乾いたとママに伝えられないので
知らない間に症状が進行してる可能性があります。

悪化させてしまうと突然死にもつながってしまう怖れがあるので
赤ちゃんの熱が高い!と慌てる前に症状を観察してみて下さい。

うつ熱とは?

発熱とうつ熱の違いを簡単に説明してしまうと
発熱はウィルスや細菌などから身体を守る免疫をつくるため発熱する。

うつ熱は病気によるものではなく
外部環境で高体温になる。

気温や湿度が高い場所にいたり
服を多く着せていたために
体内の熱を放出できず熱が体内にこもって
体温が高くなってしまうのです。

うつ熱は熱中症の中でも
重症の熱射病になります。

夏場だけでなく、冬でも起こってしまいます。

赤ちゃんのうつ熱と発熱、症状の違いは?

さっきまで元気だった赤ちゃんが急に熱を出したり
風邪の症状もない熱はうつ熱かも?
と症状を確認してください。

1)うつ熱の症状

●手足が熱い、汗をかいている。

うつ熱になっていると体温はどんどん上がってしまいます。

この時私たちの身体はできるだけ熱を放熱しようとします。

そして皮膚の周りに熱を集中させるので皮膚の温度が上昇して手足が熱くなります。

●背中やお腹に大量の汗をかく

熱が40℃以上になってしまうとタンパク質が変性して危険な状態になります。

うつ熱で熱があがり続けると身体は一杯汗をかいてできるだけ熱を下げようとするので

熱の発散に効率のよい背中やお腹に大量の汗をかきます。

●意識障害でうとうとしている

うつ熱状態の赤ちゃんは体内の水分である汗と一緒に
ナトリウムやミネラルが放出してしまいます。

ミネラル不足になってしまったり
心臓や血管、リンパや呼吸器の機能が正常に働かなくなってしまうため
意識障害を起こしてウトウトしてしまう事があります。

●呼吸が苦しくなる

うつ熱が進んでしまうと体温を一定に保とうと
さまざまな機能が一時低下してしまいます。

酸素を体内におくることも体温を上げるので
呼吸が苦しくなってしまい
ぐったりしてしまいます。

2)発熱の症状の場合

●手足が冷たく汗はでていない

熱が上がりきるまでは手足が冷たくなります。

寒気があったりプルプル震えたりします。

●熱が上がりきってから汗をかく

熱が上がりきるまでは発熱していても
汗はあまりかかず熱が上がりきってから汗をかきます。

●うとうとしていない

発熱で意識障害になることはあまりない。

●発熱時の呼吸の場合

咳や痰、喘息などで呼吸がしずらくはなるが
酸欠状態になっているわけではない。

赤ちゃんにうつ熱の疑いがあるときは?

もしかして!うつ熱かも?と思ったら

①すぐに涼しい場所に移動する。

エアコンで室温を28度以下にし湿度も調節できたら50~60%にする。

窓側は温度の上昇が激しいので直射日光をさけるためカーテンを閉める。

万が一外にいるときにうつ熱になってしまったら

まずは日陰に移動して風のない場合は団扇など何かで扇いで
身体を冷やすようにする。

②衣服を脱がしてあげる。

熱が体内にこもってしまっているので
身体の熱を逃がしてあげる。

全部脱がしたほうが熱をしっかり下げられる。

もし野外で靴下や帽子も着けていたら
それも脱がしたほうが熱を下げやすい。

③濡れタオルや保冷剤で冷ます。

体温を急激に早く下げるには風に当てるか
濡らしたタオルや冷却材を使って身体を冷やす。

冷やす箇所は首や脇、太ももの付け根が効果的。

④水分やミネラルを飲ませる

うつ熱になると水分だけでなくナトリウムも不足してしまいます。

そうすると熱痙攣が起こってしまうので
赤ちゃんにはベビーポカリや経口補水液をあげる。

解熱剤はうつ熱には効果がない

「とにかく熱を早く下げよう」と解熱剤に頼ろうとしてしまいがちですが
熱がうつ熱によるものであれば解熱剤は使えません。

むしろうつ熱を進行させてしまうことがあります。

赤ちゃんのうつ熱を防ぐ日々の対処法

赤ちゃん 熱 手足 熱い
1,衣服の着せすぎには注意

衣服を着せすぎてしまうと体に熱がこもってしまい
体温が上がってしまいます。

赤ちゃんはもともと体温が高く汗をたくさんかきますので
服は大人より1枚少なくそしてこまめに背中やお腹に
汗をかいていないかチェックする。

2,高温多湿な環境に注意

うつ熱を引き起こす原因は気温の上昇。

25℃以上でも危険な状態になることがあります。

湿度が75%以上だと発汗ができなくなり
風がなさすぎると発汗が進まないのでうつ熱になりやすい環境になってしまいます。

気温(室温)と湿度に注意する。

3,熱めのミルク

赤ちゃんにミルクをあげるときは人肌の温度と言われているように
ママの体温に近い暖かいミルクが赤ちゃんには飲みやすいのです。

必要以上に温度が高いミルクを飲んでしまうと
体温が上がってしまうので
赤ちゃんの身体は体温調節が未熟なので体温の急上昇に対応できなくなり
うつ熱になりやすくなってしまいます。

4,ホットカーペットや電気毛布などに注意

赤ちゃんが寒くないようにと
ホットカーペットの上に寝かせたり
電気毛布などを使用すると気づかぬうちに
身体に熱がこもってしまい体温が上がってしまいます。

常に暖かい暖房器具に赤ちゃんを寝かせていると
どんどん体温を衣服の中にこもらせてうつ熱を引き起こす環境になってしまいます。

暖房器具は低温やけどにも注意して下さい。

5,水分不足に注意

汗は体温調節を行うために必要なものです。
でも体内に水分量がないと汗をかくことができないのです。

水分補給をこまめにしてあげないと
すぐに体内の水分が足りなくなってしまいます。

汗が出なくなってしまい体温調節ができなく
うつ熱になりやすくなってしまいます。

まとめ

私も子供が赤ちゃんの頃冬場の外出時には
寒いだろうと1枚余計に着せていました。

外は寒くてもお店の中は暖房がガンガンですので
私でも暑い位です。

そうすると必ず機嫌が悪くなるので
色々チェックしてみると
背中に汗をかいてました。

もし気づくのが遅かったら
うちの娘もうつ熱になっていたかもしれません。

夏場は結構気をつけていますが
冬場にも気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

 - 健康, 子育て, 生活 , , ,