これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

夏休みの過ごし方どうしたらいい?おすすめの家族旅行【年齢別】

   

スポンサードリンク

69b89bbef510b4d850f7877112aa5e9f_s
子供にとっては、長い夏休みどこの家庭でも
「暑い!」「どこかに連れて行って」
などの会話が交わされるのではないでしょうか。

そして、大人にも貴重な夏休み普段なかなか取れない長い休み、
ここで家族旅行に行かれる方も多いのでは?

でも、どこへ連れて行ったら喜ぶのか、
また、せっかくの家族旅行絶対に素敵な所に行きたいですよね。

そこで、色々と夏休みについてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

夏休みの有意義な過ごし方

夏休み
親には、長く感じる子供の夏休み、
ただでさえ暑い夏にあまり手間のかかる事はしたくありません。

でも、子供一緒に楽しく過ごすにはどうしたら良いのでしょうか。

1.夏休みの目標、計画を立てる

この目標は、「自分で」立てさせる事が重要です。
押し付けられた目標ではなく
自分で一生懸命に考えた事はきっと前向きに取り組めるはずです。

小学生からは宿題が出ます。
中々スケジュールを立てても色々急用が入ったりするので
毎日親が確認して予定がずれていたら予定の調整を手伝ってあげれば、
最後の頃に宿題に追われるという事態にならないと思います。

字の書けない小さなお子さんには、
大人が書くか絵を描いてそれを貼っても楽しいですね。

2.勉強の時間を決める

毎日同じ時間帯に勉強する習慣をつけます。
親から見て一番子供が集中しやすい時間帯というものがあると思います。

例えば、食後は眠くなるからお昼の前30分を勉強の時間にするなどです。

3.身体を動かす

夏休みは、ついダラダラしがちですが
身体を動かす事はとてもストレス発散になります。

身体を動かすことで夜もすぐに眠れて早寝早起きのリズムが整います。
最近の夏は特に暑いので外遊びはじゅうぶんに気を付けて
帽子と水筒を忘れずに持たせ、熱中症対策をしっかりと行ってください。

出来れば、市民プールや地域の公民館などの体育館が使えると良いですね。

4.子供にレジャーの計画を立てさせる

子供にどこに行くか、交通手段、など計画を立てさせます。
これも、計画を自分で考える事で積極的に行動し、
子供の自信にもつながるでしょう。

きっと、ずっと忘れない思い出になると思います。

夏休みにどこ行く?年齢別スポット

夏休み
とっても暑い夏に外で遊ぶならどこがいいか迷います。
そこで年齢別に遊び場をご紹介します。

<1歳から2歳位 歩き始め>

・公園の中に噴水が湧き出ていてそこを自由に歩ける所が各所にあります。
 水遊びしながら熱中症対策も出来て、遊び疲れてお昼寝沢山してくれると思います。

<3歳~5歳>

・市民プールは、この位の子におすすめです。
 料金が格安なので夏休み中に何回か行ってもそこまで負担になりません。
 しかも、体力が有り余っている時期なので夜もぐっする眠ることでしょう。

<小学生>

・小学生は、公園が大好きな子が多いです。
 どこか遠くに連れて行っても結局近所の公園で友達と遊ぶのが
 一番楽しいなんて言われた方も多いのでは?
 午前中の涼しい時間帯がおススメです。

・近くに川や海があれば喜ぶこと間違いなしです。
 しかし、必ず大人が付きそい危険がないかチェックしてあげてくださいね。

夏休みのおすすめ家族旅行年齢別 

夏休み 家族旅行
夏休みに家族旅行に行くなら早めの予約が欠かせません。
子供がいると大人だけの度の何倍も色々なハプニングが起きます。
年齢別におすすめの旅行先をまとめました。

海外編

<0歳~4歳>

 海外旅行へ子連れで行くのに一番大変なのは、飛行機です。
 特に赤ちゃんだと飛行機の気圧の変化で
 お耳が痛くなって泣いてしまったりして
 周りの乗客にとても気を遣うので行くまでに疲れてしまいます。
 そのため、飛行時間は短時間で行けるところが良いですね。

・韓国、済州島

 成田空港から2時間40分で着いてしまいます。
 遠くの国内旅行より短時間で着くので、助かります。
 海があるので、のんびりと水遊びが出来ます。

<5歳~13歳>

 この位の年齢の子はある程度飛行機で
 じっとしていられますがやはりまだ子供です。
 知らず知らずのうちの疲労が溜まって
 時差ボケにやられ旅先で体調を崩してしまったら大変です。

・グアム

 有名どころですが、とても日本人が多いので言葉に困ることもなく
 時差も1時間ととても楽です。
 気候も良くて、この年代の子供が喜ぶアクティビティも沢山あります。
 親も、買い物などが出来て家族みんなが楽しめるでしょう。

子供は、体調をすぐに崩します。
まずは、子供の体調を優先して楽しい思い出が作れたら良いですよね。

 

まとめ

今年の夏休み
いかがでしたか。夏休みについてまとめてみました。
今年の夏休みは、有意義に過ごせるといいですね。
そして、夏休み明けには

「あー、今年の夏休みはとっても楽しかった。」

なんて事を子供が言ってくれたら親冥利に尽きますね。
是非楽しい夏休みをお過ごし下さい。

スポンサードリンク

 - 夏の行事 , , ,