これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

えきねっと予約の座席の取得や受取方法・予約の変更はストレスフリー!

   

スポンサードリンク

えきねっとはJR東日本が行っている”自宅にいながらチケットの予約・購入・決済が行える”システムです。
クレジットカードを持っていれば出張の多い会社員や家族旅行の移動手段として活躍する事間違いありません。

スポンサードリンク
 
急な変更や取り消しも出向くことなく自宅で行えるので、時間を有意義に使えます。
登録は無料で行え、1度登録すれば何度でも利用できます。

わからない事があれば電話での対応も受けてもらえるので、
サポート体制もしっかりしていて安心して利用できます。

JR東日本のチケット予約システムなので西日本の人にはなじみが薄いかも知れませんが、
東日本への旅行の際に復路分としての利用が出来たりするので気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。

また、チケット購入以外にも旅行の申し込みやネットショッピングなども行う事が出来るので、
使い方は様々です。

えきねっとの予約では好きな座席が選べます

えきねっとで予約をする際に座席は選べるの?

パソコンやスマホ・携帯を使って1ヶ月前から予約をする事が可能です。

前もって予約をする事で、混雑が予想される時期でも窓口に並ぶ事無くチケットを確保できます。
自由席・指定席を選ぶことができます。

どうしても窓際が良い。通路側が良い。トイレから離れた席が良い。
など、人により希望する席は様々です。
そのような要望を叶える為、1人からでも座席の指定を行えます。

2枚以上購入すれば座席の指定が無くとも同行者と席が離れる事はありません。
禁煙・喫煙席の選択も可能で、子供連れの場合や煙草の煙が苦手な人は指定席での禁煙席の確保ができます。

ただし、1ヶ月前からの予約よりも更に1週間早く予約できる「事前予約」では座席の指定は出来ません。
販売開始日に順次席が割り振られます。

指定席には少額ですが費用が発生します。
席にこだわりが無い場合は自由席を購入のみで十分な人も多いです。

まれに、自分の席の確認を怠り他人の席に座っている人がいます。
相手にも失礼ですし自分も恥ずかしい思いをする事になるので
必ず事前に座席確認は行っておきましょう。
8834aa7d7b9d11f77424b3565541b86a_s

えきねっとで予約したチケットの受け取りはとても簡単

えきねっとで予約をしたチケットの受け取りはどうしたらいいの?

予約したチケットの受け取りはJR東日本の駅の窓口で受け取るか、
指定の券売機を操作して受け取る事になります。

予約した際に支払い指定したクレジットカードを忘れず持参してください。
受け取り場所は必ずしも最寄りの駅である必要は無く、
指定券売機の設置されている駅やみどりの窓口のある駅であればどこででも大丈夫です。

”ちょっと出かけた先で予約しておいたチケットを受け取れる”と言う手軽さが便利です。
また、JR西日本の範囲でも一部受け取り可能な駅があるので旅行などでの行き先にチケットの受け取り可能な駅があれば、
行きは東日本の駅で受け取り帰りは西日本の駅で受け取ると言った事も可能です。

スマホ・携帯電話でチケットを申し込みすれば、受け取り不要で乗車が可能な列車もあります。
窓口へ行く手間が省けるので、チケットが取れているかの確認さえ済ませておけば当日まで安心して他の事に集中できます。

えきねっとの予約・変更は操作一つで行えます

えきねっとで予約したチケットは変更可能なの?

予定が変わって予約したチケットが不要になったり、
便の変更や人数の増減が必要になる場合があると思います。

えきねっとで予約してしまったチケットはどうしたらいいのでしょうか。

チケットは窓口で受け取る前であれば払い戻しや変更が可能です。
ただし、下記のように注意点が何点かありますので確認が必要です。

・変更、取り消しは該当車両出発時刻の6分前まで。且つ当日の22時54分まで。
・人数の増加には手数料の必要はありませんが、減少には手数料が発生します。
・指定席から自由席への変更はできません。
 
途中下車は認められておらず、降りてしまうと降りた駅から下車予定駅までの払い戻しは行われません。
事前にわかっている場合はきちんと変更の手続きを行うか買い直しをおすすめします。

まとめ

a767ca3d3ff650f176f01e494da0ce7c_s
日頃JRを使い慣れている人も滅多に使わない人も自宅や外出先で、
自分の好きな時間にチケットの予約などが行えるので大変便利です。

窓口の長蛇の列に並んで結局売り切れで購入できないと言った失敗もなく、
窓口でもたついて周りの人から白い目で見られる事もありません。

電子機器でのチケット購入に抵抗がある人でも電話での対応もしてもらえるので安心です。
利用方法を覚えてしまえば次からは自分1人で簡単に行う事が出来ます。

電車のチケットの取りづらい時期に備え、
前もって経験しておけば帰省する際や旅行の予定をたてる時にスムーズに行う事が出来ます。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , ,