これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

七夕飾りはいつから?その意味と折り紙の折り方【保存版】

   

スポンサードリンク

七夕飾り 折り紙
中国から七夕が伝わった際に七夕飾りに関しては、
女性の芸の上達を願って

”五色の糸を飾る”

という事が伝わってきました。
(芸=裁縫との考えからです。)

日本ではそれが時代の流れもあり、
飾りが糸から布、短冊へと変化してきました。

また、現在では短冊以外にも飾りの種類はたくさんあります。
実はこの飾りにも一つ一つにきちんとした意味があるのです。

七夕は昔からの風習として広い地域で根付いています。
それだけに、七夕飾りをもっと理解し
正しく後世に受け継いでいってもらいたいものです。

スポンサードリンク
  

七夕の飾りはいつから始めたらいいの?

七夕は

・笹飾りに願い事を書いて飾る。
・天の川に願い事をする。

子供達はこの2つの事を楽しみながら行っています。

7月に入るとせっせと作り出している七夕の飾りや短冊ですが、
本来は6日の夜から7日の夜までに飾る物だという事をご存知でしたか?

飾りを作るのは前々からでも良いですが、
飾りつけをするのはぜひ6日の夜に行ってください。

そして七夕当日、夜空を見上げて子供と一緒に願い事をしてください。
お母さんはぜひ「子供の成長や習い事、勉強の上達」を願ってあげてください。

明けて8日には飾りつけを外し処分します。

昔はこの取り外した飾りを川に流して
神に持って行ってもらうという事をしていましたが、
今は環境の為に川に流すのはやめて、
子供の見ていない所で処分しましょう。

七夕の飾りにはそれぞれ意味が

中国から七夕が伝わった当初は
5色の糸を飾りに使っていましたが、
江戸時代からは笹に飾る折り紙の風習が始まったそうです。

折り紙を折る職人もいたというだから驚きです。

現在は7月7日にちなんで飾りは7種類存在します。
また、それぞれに違った意味を持っています。

・投網   豊漁を願って
・くずかご 整理整頓を祈って
・吹き流し 習い事などの上達を願って
・巾着   お金がたまるように
・紙衣   裁縫の上達を願って
・折り鶴  長寿を願って
・短冊   詩を書き、学問の上達を願って

今まで飾っていなかったものはありませんか?

今年はぜひ1つずつ子供さんと一緒に
意味を話しながら作ってみてください。

七夕飾り、折り紙の正しい折り方は?

七夕飾り 折り紙 折り方
・投網   ①折り紙を半分に2回折り、4分の1の幅にします。
      ②両側からハサミで交互に切り目を入れます。
      ③折り紙を開ければ完成です。

・くずかご ①折り紙を三角に2回折ります。
      ②両側からハサミで交互に切り目を入れます。
      ③折り紙を開ければ完成です。

・吹き流し ①折り紙を半分に2回折り、4分の1の幅にします。
      ②上部3cm程を残し、下部から切り目を入れます。
      ③折り紙を開け、筒状にのりづけすれば完成です。

・巾着   図がないと解説し辛いので省略させて頂きます…
・紙衣   図がないと解説し辛いので省略させて頂きます…
・折り鶴  ※もうみなさんご存知ですよね。
・短冊   ※画用紙や折り紙を短冊に切り、願い事を書き込みます。

基本となる上記の7種類の他にも
たくさん七夕にぴったりの飾りがあります。

みんなで集まったりしてたくさんの飾りを作ってみてください。

まとめ

子供たちにとって七夕はお祭りです。
今はその意味を正しく知る必要はないのかもしれません。

しかし、せっかく日本人として生まれ、
日本の伝統文化を行っているのですから
お母さんが正しく教えてあげても良いのではないでしょうか?

はっきりと理解できなくても、
将来自分に子供ができて同じように七夕飾りをした時、
「そういえばお母さんから聞いた事がある」と
思ってもらえたら嬉しいではないですか。

スポンサードリンク

 - 夏の行事 , , , ,