これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

京都祇園祭はいつ?山鉾行事の日程と便利なアクセス方法【保存版】

   

スポンサードリンク

京都祇園祭り
夏の京都へは祇園祭りの見物に
たくさんの人が集まってきます。
近場の人から遠方の人まで
それは様々な地域から祇園祭りを楽しみに来るのです。

全国各地で祭りは催されますが、
京都祇園祭りは他とは何か違う魅力を感じます。

祭りの始まりは7月初旬からですが、
メインはやはり宵々山・宵山・山鉾巡行です。
宵々山・宵山では各設置場所に組まれた山鉾を
間近で観賞し、山鉾巡行では動く山鉾を眺める。
これが京都祇園祭りの楽しみ方です。

交通規制が敷かれているので安心して祭りを楽しむ事ができます。

スポンサードリンク
  

京都祇園祭りの日程はいつからいつまで?

京都祇園祭りの期間は7月1日から31日まで、
1ヶ月間に渡って行われています。

祭りが始まった当初は前祭、後祭と2回行われていましたが、
費用の面やその他の理由で2013年までは1回に統合されていました。

しかし2014年に”正しい京都祇園祭りの姿を復活させたい”
との思いから後祭が復活したのです。

前祭は7月1日から17日まで。
メインの山鉾巡行は7月17日に行われます。

後祭は7月18日から31日まで。
メインの山鉾巡行は7月24日に行われます。

どちらも見所はやはり山鉾巡行です。
特に前祭の山鉾巡行は毎年テレビ中継されているほどの人気です。

京都では”祇園祭りが終わると夏本番を迎える”
と言われており、夏の風物詩となっています。

京都祇園祭りの山鉾行事

7月に入るとほぼ毎日のように山鉾行事が各地で行われます。
前祭・後祭併せての代表的な行事は

・神用水清祓式
・お迎提灯
・神輿洗式
・山鉾巡行(前祭)
・神幸祭
・神輿渡御
・山鉾巡行(後祭)
・花傘巡行
・花傘巡行経路
・還幸祭

となっています。

山鉾は前祭で23基、後祭で10基が曳かれます。
前祭の長刀鉾と船鉾、後祭の橋弁慶山と大船鉾は
各巡行の最初と最後を担う為順番のくじを引きません。

山鉾にはそれぞれに名前が付けられており、その意味も存在します。
祭りを現地で楽しむ前に少し勉強しておけば
今までと違った意味での楽しみ方ができそうです。

京都祇園祭りへ行く際の便利なアクセス方法は?

京都祇園祭り
京都市内を移動する際には電車やバス、
徒歩での移動が良いかと思います。

京都祇園祭りの期間中は
日にち別・場所別等、あらゆる交通規制が敷かれます。

しっかりと把握できていない人が
自家用車で移動するのは危険なので
公共機関の利用をおすすめします。

観光で訪れる際は規制の看板や
パンフレットなどがあるので決まりを守り、
安全に祭りを楽しんでください。

また、山鉾の配置場所や巡行場所の周辺は
歩行者天国となります。
公共機関を使い、各地に配置されている山鉾を巡るのも
祇園祭の楽しみ方の1つです。

間近できらびやかな山鉾を鑑賞できるので
ぜひ近くまで行ってご夫婦の思い出作りをしてください。

まとめ

祇園祭りの楽しみ方は人それぞれです。
若いカップルや友人同士であれば
山鉾巡行よりも宵々山・宵山の方が楽しみかもしれません。

しかし、年を重ねたご夫婦であれば時間や体力に余裕を持ち、
ゆったりとしたスケジュールを組む事も可能です。

目当ての山鉾行事に合わせて京都入りしてみたり、

”今年はこれ!”

と決めた山鉾をしっかりと鑑賞したり。

今だからできる京都祇園祭りの楽しみ方を
してみてほしいと思います。

コンチキチンの音色が響く夏の京都で
ぜひご夫婦の思い出を作ってください。

スポンサードリンク

 - お祭り・花火大会 , ,