これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

七夕の食べ物の由来とおいしいレシピやデザート(お菓子)

   

スポンサードリンク

七夕の食べ物
七夕と言えば
・短冊に願い事を書いて笹に飾る。
・夜空にかかる天の川を見て願い事をする。
これらはみなさんいつも行う事ですよね?

では、七夕の食卓はどのようにされているのでしょう。
七夕も昔から続いている日本の行事ごとの1つです。
きっとお正月などと同じように食にもこだわりがあるはずです。

スポンサードリンク
  

七夕の食べ物。その由来は?

日本には五節句と言うものが存在します。
五節句とは以下の事を表します。
1/7・・・七草の節句(七草)
3/3・・・桃の節句(ひな祭り)
5/5・・・菖蒲の節句(端午の節句)
7/7・・・星祭(七夕)
9/9・・・菊の節句(重陽の節句)

それぞれ季節の変わり目を迎える頃に
神様に食べ物をお供えする日とされています。

中国では小麦粉で編んだお菓子を食べる習慣がありました。、
そのお菓子が日本に伝わった時に小麦粉で作ったお餅へと変わり、
現在では原材料が小麦粉のそうめんを食べるようになったと言われています。

また、そうめんはそれ自体が白い糸のようにも見え
中国の本来の七夕の意味である
”裁縫の上達を願う”
と言う事とも通じるものがあります。

他にもそうめんを作る際に
細く長くのばして作る様が天の川に似ているという事から
七夕にそうめんを食べるようになったと言う説もあります。

七夕の食べ物のレシピは?

七夕にはやっぱりそうめんです。
皆さん一度は作ったことのあるそうめんですが、
七夕には工夫を加えて作ってみましょう。

<材 料>
・そうめん
・オクラ
・人参
・きゅうり
・ミニトマト
・ハム
・玉子

<作り方>
・オクラを茹でて輪切りにします
・人参も茹でて星形にカットします
・きゅうりは細切りにします
・ミニトマトは洗います(そのままでもカットしても良いです)
・ハムは星形にカットします
・玉子は薄焼きにして細切りにします
・そうめんを茹でます
・お皿にそうめんを天の川をイメージして盛ります
・他の材料を彩りよく飾り付けます

※材料は他にもシソや刻みのりなどお好みでどうぞ。
 ポイントは”見栄えよくカラフルに”です。

※そうめんが色付けされている理由
 ”七夕の短冊と同じように厄除けの意味がある”
とされているからです。

七夕に食べるデザートは?

七夕 デザート
そうめんでお腹が膨れても、
子供達にはデザートが必要ですよね?
七夕をイメージしたデザートが手軽にご家庭で作れます。

一緒に作っても良いですし、
サプライズで出してあげても喜ばれそうです。

(ゼリー)
ゼラチンにシロップ等で色付けして冷やし固めるだけで簡単に作れます。
固めたゼリーを星形にカットして生クリームで天の川を描いてあげれば
グッと七夕感が高まります。

(フルーツポンチ)
サイダー等の炭酸飲料を器に移し、
一口大の寒天や白玉、フルーツをその中に浮かべます。
キラキラと見た目も華やかで、
口の中でシュワシュワする感じも爽やかです。

(クッキー)
七夕にちなんで星形や人型のクッキーも人気があります。
ただ焼くだけでも良いですし、
焼きあがったクッキーに絵を書くとまた楽しいです。

まとめ

七夕には笹に願いを書いたり
飾りつけをしたりする事に集中しがちですが、
食卓にもぜひ七夕にちなんだ食べ物を並べてみてください。

色とりどりの食材で飾り付けられたそうめんを始め、
お母さんの工夫を凝らした料理で
子供たちは食べる物でも七夕を感じる事ができます。

スポンサードリンク

 - 料理 , , , ,