これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

びわ湖花火大会2016年版!アクセスと花火が見えるホテル最新情報!

   

スポンサードリンク

びわ湖花火大会
暑い夏のシーズン、一度くらいは大きな花火を見てみたい!
けど混雑するのが分かってるから毎年諦めてきた・・・

そんな方!今年こそは琵琶湖の花火を見てみませんか?
交通規制・穴場スポット・びわ湖を眺めるホテル情報等、
初めての方も毎年見てきた方も更に楽しめる情報です。

スポンサードリンク
  

びわ湖花火大会2016はこう見る!

1.日程・概要

今年のびわ湖花火大会は2016年8月8日〈月〉
滋賀県大津港沖水面一帯で行われます。
(小雨決行で、延期の場合は、8月12日〈金〉です。)

19:30~20:30におよそ10,000発!
スターマインや4~10号玉が打ちあがります。
2014年にはなんと20号玉というとんでもないサイズも上がったようです。

その中でも一番の見どころは、やはり水上スターマイン。
空に昇っていく花火、更には湖面に映るさまも圧巻です!
どちらに目を向けてよいものか悩むほどです。

その他、毎年テーマが決められ違った
プログラムが組まれるので何度見ても楽しめます。
代り映えのあるところが人気の所以でしょう。

2.有料観覧席・無料観覧場所

有料観覧席は今年は17,000席用意され、
前売り3,900円、当日券4,400円で販売されています。

とにかく近くで見たい!音を感じたい!
目玉の水中スターマインがしっかり見たい!
という方にはおすすめです。

また、びわ湖大津館にも3,500円で芝生有料席が確保されています。

少し遠くでもいいからゆっくり見たいという方は、
・名神大津SA
・比叡山ドライブウェイ(夢見が丘駐車場
・びわ湖競艇場
・陸上自衛隊大津駐屯地
・皇子が丘公園(子供が遊べる施設あり)
・アルプラザ瀬田店

がおすすめです。
競艇場と駐屯地も普段とは違い、無料開放されています。

毎年の来場者数は30万人超え、
昨年は35万人を超えたということなので、
どちらで楽しむか悩むところですね。

そんな方は一緒に行くのがお子様、カップル、
友達かによって場所を変えるのも手です。
今年は遠くで、来年は頑張って近場で!
というのもまた見え方が違うのでおすすめですよ。

びわ湖花火大会 アクセス 交通規制

まず混雑は必至です。
たった数時間の間に35万人が大移動するわけですから・・・
気になる移動手段、混雑具合、規制は以下の通りです。

1.電車の場合

まずは電車でのアクセスですが、
メイン会場(びわ湖岸)の最寄り駅は、
・JR琵琶湖線の勝所駅・大津駅(徒歩約15分)
・JR湖西線の大津京駅(徒歩約10分)
・京阪電車の浜大津駅、島の関駅(徒歩5分)

この中でも、京阪浜大津駅・JR琵琶湖線大津駅は大混雑です。
また、踏切でも何度も電車を
見送ることになるほど渡るのだけにも時間がかかり、
更には駅も入場規制がかかるようです。
電車の方が混雑を回避するには、
残念ながら時間をずらすことくらいしかなさそうですね・・・

2.車での場合

次に車でのアクセスです。最寄りは大津ICですが、
終日混雑し料金所から本線まで渋滞が起きることがあります。

メイン会場周辺(浜大津駅~JR大津駅)、
対岸も一方通行になります。
地元の方以外やう回路を知らないとぐるぐるするはめになりそうです。

また場所によっては花火終了後も規制が解除されず、
24時まで規制がかかるようですのでご注意を。

駐車場は、一番の最寄りは徒歩1分の大津港駐車場ですが
大混雑なのでおすすめできません・・・

時間に余裕がある、日付をまたぐのを覚悟!
という方へその他の周辺駐車場もご紹介します。
・大津プリンスホテル駐車場
・浜大津アーカス(約400台)
・びわ湖ホール駐車場(約800台)
・パルコ駐車場(約300台)
その他タイムズが数軒あります

いずれにしても夕方前には確実に満車になってしまいます。
早めの到着で駐車場を確保し、
ゆったり湖周りのお散歩でも・・・

最後に、電車を利用した混雑の回避をおすすめします。
駅も京都方面は大混雑ですが、逆の草津方面はそうでもありません。
そこで草津方面の2つ隣の駅、
「石山駅」の近場のコインパーキングに停め、
電車で会場に行く方法です。

普段車移動の方は、電車はちょっと・・・と
思われる方もいると思いますが、
せっかくの楽しいひとときを、
帰りのイライラで消してしまうのは勿体ない気がします。
是非検討してみてくださいね。

琵琶湖花火大会見えるホテル

びわ湖
1.花火が見えるホテル
 
●琵琶湖ホテル
こちらは日帰りプランがとても充実しています。
個室で眺めるのではなく、
お食事をしながらゆったり眺めるプランです。
 ・屋上鑑賞プラン(おつまみ・飲み物)
 ・パーティープラン(ブッフェ・フリードリンク)
 ・和室パーティープラン(会席料理・フリードリンク)
 ・お弁当付き鑑賞プラン(お弁当・ワンドリンク)
 ・レストランプラン(ダイニング菜・バイキング・
イタリアンダイニング・日本料理・鉄板焼き・割烹等)

今年の予約は3月末にスタートし、一部満席ですが
まだ予約の出来るプランもあるようです。
宿泊は別途で予約すれば帰りの心配もなく済みます。

今年初登場した屋上鑑賞では、
地上50m13階にて大パノラマでの
素晴らしい景色と共に花火も鑑賞できます。

今年はすでに満席のようなので、
キャンセルを待って一度問い合わせをするか、
来年の楽しみに今から予定を立ててはいかがでしょうか?

●大津プリンスホテル
 ・お部屋で花火鑑賞宿泊プラン
(フランス料理・和会席・中国料理・屋外バーベキュー・ブッフェ)
 ・高層階レストランで花火鑑賞宿泊プラン(フランス料理・和会席・和洋)
 〈上記宿泊プランは会員様限定〉
 ・湖上観覧席で花火宿泊プラン(ステーキ膳)
 ・ホテルの観覧席(プールサイド)で花火宿泊プラン
(フランス料理・和会席・中国料理・屋外バーベキュー・ブッフェ)
 
調べたところ、会員限定でないプランでは
プールサイドでの観覧プランだとまだ空室があるようでした。
湖上観覧は間近で鑑賞出来て、
なおかつ帰りも混雑の心配がないので、
やはり人気なようです。

●ホテルピアザびわこ

 ・宿泊プラン(レイクビューのお部屋あり、
今年は6月3日で応募が終了しました)
 
 ・日帰り花火観覧プラン
(和洋バイキング・宴会場にて和食、どちらもフリードリンク)
  こちらは残りわずかなようです。 

●その他一部の部屋からは花火が見えるホテル
 ・ホテルブルーレーク大津
 ・アヤハレークホテル(花火特別日帰りプランあり)
 ・ホテルテトラ大津
 ・スーパーホテル大津
 ・東横イン京都琵琶湖大津
 
こちらはピックアップしたので他にもありますが、
いずれにせよ花火が見える部屋という希望を
予約時にお伝えしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?日帰りだと混雑が心配な方も、
旅行を兼ねて1年前からの計画で快適に夏の大イベントを楽しめますよ。

一度行ったら混雑しても行きたい!来年は上から見てみたい!
360度遮るものがない大パノラマでの花火は、
何度でもどこからでも違った雰囲気が味わえるのが醍醐味です。
是非今年から、毎年の夏の一大イベントにしてみませんか?

スポンサードリンク

 - お祭り・花火大会 , , ,