これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

七夕飾りの由来とその意味そして後の処分はどうする?

   

スポンサードリンク

七夕飾り
現在折り紙で作る七夕飾りには、
それぞれに意味があります。
例えばくずかごには節約をしてモノを
大切にしようという意味や願いが込められています。

それ以外にも編みかざりは、
豊年豊作や大魚の願いを込めていたり、
ちょうちんは織姫様と彦星様の明かりを
灯してあげるためだと言う説もあります。

スポンサードリンク
  

七夕飾りの由来

 奈良時代に、中国より乞巧奠が伝えられました。
乞巧奠は陰暦7月7日の夜に、
牽牛星と織女星をまつる宮中行事です。

織女が機織りが巧みであったことから、
手芸の上達を願う祭事として始まりました。

奈良時代から平安時代にかけては今のような七夕飾りではなく、
五色の糸をお供えしていました。
室町時代になると書道の上達も祈るようになり、
短冊に和歌を書いて飾りつけるようになりました。

七夕の短冊は赤、青、黄、白、黒の五色ですが、
これは中国の陰陽五行説に基づくとされています。
貴族だけでなく、民間に広まったのは江戸時代です。
庭先に供物を供え、葉竹に短冊を飾りつけました。

どうして数ある植物のなかで笹に飾るのかというと、
笹は邪気を払う植物とされていたからです。
現在は願いごとも手芸や書道の上達ばかりでなく、
多岐にわたるようになりました。”

七夕飾り意味

 七夕飾りは短冊のほかに折り紙で美しく飾られますが、
1つ1つに意味が込められています。
提灯は心をてらすという意味があります。

また、短冊の文字が神様に見えるようにするためともいわれています。
吹き流しは機織りの上達を願う飾りです。
折鶴は家族が長生きできるようにという意味です。

巾着はお金が貯まるように、投網は魚がたくさんとれるように、
という願いが込められています。
屑籠は日頃から整理整頓をする、輪つなぎは
人間関係がうまくいくようにという意味で飾られます。

どれも折り紙で簡単に作れるものばかりなので、
ご家族で作ってみてはいかがでしょうか。

自分のお願いごとばかりでなく、
大事な人の幸せを願う飾りつけであれば
思い出に残る七夕になると思います。

さて、七夕の飾りにはなぜ笹の木を使うのでしょうか?

これには色々な説がありますが、
古くから日本は竹や笹を神聖なものと捉えていたからの様です。

七夕は奈良時代に遣唐使によって中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」を、
日本の宮中行事として取り入れたのがきっかけです。

当時5色の織糸が笹竹に掛けられていたのが、
現在の七夕飾りの始まりだと言われています。
更に江戸時代には短冊に願い事を書いて、
笹の木に吊るす様になりました。

七夕飾りの処分はどうする?

七夕飾り 処分
 七夕は7月7日の夜の行事なので、
7月8日には片付けることになります。

月遅れの地域では8月7日が七夕となるため8月8日に片付けます。

願い事が書かれた短冊をごみとして捨てることに
ためらいを感じている方も多いと思われます。

地域によっては七夕送りといって川に流すところもありますが、
その様な習慣がない地域がほとんどでしょう。
短冊を捨てたくないかたは神社に相談してみてはどうでしょうか。

焚き上げをしていただける神社もあります。
もっと丁寧にやりたいという方は福岡県にある
七夕神社(媛社神社)にお願いしてみてはどうでしょうか。

短冊を神社に飾っていただけて、お焚き上げもしてくれます。
お金をかけたくない方は他のごみと別にして
燃えるごみとして処分されると良いでしょう。

まとめ

いかがですか?最近では何となく
ロマンチックなイメージの強い七夕ですが、
歴史のある文化的な行事なのですね。

また笹には邪気から守ってくれる効果もあるそうです。
お子様などと、いろいろ作ってみて楽しんで下さい。”

七夕飾りの意味がわかると、
今まで以上に七夕が楽しくなります。
ご家族にも教えてさしあげれば会話も広がると思います

スポンサードリンク

 - 夏の行事 , , ,