これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

夏のお弁当の注意することと子どもに喜ばれる簡単なおかず

   

スポンサードリンク

お弁当
授業や仕事などが一段落し、お昼休みに入ると食べるお弁当。
お弁当に好きなおかずが入ってると、
それだけで朝からお昼休みが楽しみになった記憶が私にもあります。

しかし、夏や湿気の多い時期のお弁当には食中毒が付き物です。
作る側からしたら注意が必要ですよね。

食中毒を起こさないために気を付けておきたいポイントが
いくつかあるので、ご紹介します。

スポンサードリンク
  

夏のお弁当の注意すること

まず、雑菌が繁殖しやすい状況というものがあります。
それは、湿気が多いこと、温度が高いことです。

日本の夏はまさに湿気が多く、温度が高く、
雑菌が繁殖しやすい環境にあるのです。
そのため、おかずもごはんも冷ましておくことが基本になります。

これは、温度が高いと雑菌が繁殖しやすいからという理由が一つと、
温かいものをお弁当箱の中に入れてしまうと、
水蒸気でお弁当の中の湿度が高くなることを防ぐことも理由にあります。

また、おかずに火を通すことも食中毒の予防になります。
食材は生のほうが痛みやすく、火を通した方が安全です。

また、味の濃いものの方が、痛みにくい傾向にあります。
お弁当のおかずには少々味を濃くしてもいいかもしれません。

その他に、殺菌作用があるものをおかずにプラスすることもいいですね。
お弁当のごはんには梅干しが乗っていることが多いですが、
それも梅干しに殺菌作用があるためにそうしていることが多いのです。

夏のお弁当を作る上でいくつか注意点をご紹介しました。

これを踏まえて、どんなお弁当が食中毒を起こしにくく、
さらに、美味しく食べられるのか考えていこうと思います。

子供も大好き夏のお弁当

まずはお弁当の定番おかず、卵焼きです。
味はお好みで塩や砂糖、醤油を加えていただければ美味しく作れると思いますが、
ここでのポイントはしっかり火を通すことです。

生卵には、サルモネラ菌がいる可能性があり、お弁当箱の中で菌が繁殖すれば、
それが食中毒の引き金となる可能性もあります。十分に注意してください。

また、唐揚げやそぼろごはん、焼き肉弁当など肉が入ったり、
季節の魚の塩焼き、白身魚のフライ、
天ぷらなど魚が入ることも多いお弁当ですが、
ここでもしっかりと火を通すのがポイントです。

他に、夕食で少し残ってしまった煮物などを入れるのもいいですよね。
煮物は味付けが濃いめだったり、
調味料が多目に入っているので比較的痛みにくいです。

ひじきの煮物やきんぴらごぼうなどを入れると美味しいかと思います。

ただ、いくら煮物だからといって何日ももつわけではなく、
肉じゃがなどに入る、ジャガイモなど
芋類(デンプンを多く含む食材)は足が早いので注意が必要です。

このように食材に注意をし、
さらに殺菌作用のある食材を入れるとまた安心です。

先に述べたように、梅干しを初めとし、しそ(大葉)や唐辛子やしょうが、
にんにくなど様々な食材が殺菌作用を持ちます。

唐辛子の入った炒め物などを
お弁当に入れても美味しいかもしれませんね。

夏のお弁当は簡単で!

夏のお弁当は簡単
ここで一つ、私からおすすめの簡単な美味しいおかずをご紹介します。
『鶏の大葉包みハンバーグ』です。大葉、玉ねぎに殺菌作用があり、
味付けもしっかりすることで食中毒の危険性を低くします。

作り方だって簡単です。
みじん切りにした玉ねぎと鶏挽き肉でハンバーグを作り、
それを大葉で包み、フライパンで焼くだけの簡単なおかずです。

ハンバーグそのものに味付けをしておけば、
ソースがなくてもそのまま美味しく食べられるのでなかりおすすめです。

味付けには、味噌、醤油などを使うと相性がいいですよ。

ここでも、ハンバーグにはしっかり火を通すこと、
よく冷ますことを忘れずにお弁当にいれてくださいね。

まとめ

いつものお弁当に少し気を使うだけで、
夏のお弁当に潜む食中毒の危険を防ぐことができます。

せっかく腕によりをかけて作ったお弁当、
旦那さんやお子さんに喜んで安全に
食べてもらうために参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 料理 , , ,