これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

お盆玉とは?発祥の地域や相場を考える

   

スポンサードリンク

お盆玉
最近耳にするようになった「お盆玉」。
聞き慣れない言葉ですが、
シニアを中心にじわりじわりと広がっているようです。

「お盆玉」とはどんなものか、発祥の地域はどこか?
また実際の相場はいくらなのか調べてみました。

スポンサードリンク
  

お盆玉とはどんなもの? 

お盆シーズンが近づくと、郵便局の窓口の近くに、
イラスト入りのミニ封筒が並んでいるのを見かけたことはありませんか?
それが「お盆玉」用のポチ袋です。

お盆玉とは、お盆に帰省してきた孫や子供たちに渡すお小遣いで、
いわば「お年玉」の夏バージョンといったものです。

2010年に山梨の祝儀用品メーカー「マルアイ」が
専用のポチ袋を発売したのが、「お盆玉」が使われだした始まりのようです
(その後マルアイは登録商標を取得)。

日本郵便が2014年7月にお盆玉用ポチ袋を販売開始したのをきっかけに
メディアでも注目され、徐々に世間に広がるようになりました。

一部地方には古くからある風習でしたが、
全国的にはまだまだ知らない人が多いのが現状です。

とはいえ、シニアの財布の紐を広めるのに躍起になっているマスコミには
好都合なキーワードですから、“恵方巻き”のように
一気に広まるのも時間の問題と言えそうです。

お盆玉発祥の地域とは? 

「お盆玉」とは古くは東北の一部の風習でした。
藪入りで帰省する奉公人に草履や着物を与えたのが始まりとされています。

それが昭和に入って、お盆の時期に子供に与える小遣いを
お盆玉と呼ぶように転じたようです。
山形県の「大江町の年中行事」(昭和59年刊)に記録が残っています。

昔は奉公人の休暇は1月16日の“藪入り”と
7月16日の“後(のち)の藪入り”の二日間だけしかありませんでした。

半年にたった一日の休日、住み込みの奉公人にとっては
親元で過ごせる貴重な一日ですが、故郷が遠い者は帰省できません。

同じ境遇の者同士で町に出て、
映画を見て甘い物を食べるのが何よりの楽しみだったといいます。

娯楽の溢れる現代では考えられない話ですが、
今のシニア世代が子供の頃は親からよく聞かされた話でした。

せっかく孫にお盆玉を渡すのであれば、
こういった話も交えて昔の人の労苦を偲ばせるのも年長者の役目かもしれません。
鬱陶しく思われるのが関の山かもしれませんが。

お盆玉の相場はいくら? 

お盆玉
さて、いざ孫にお盆玉を渡すとして、その中身はいかほどでしょうか。
一般的にはお年玉と同額か、やや少な目とされているようです。

タイミング的に年金支給日に近いですから、
孫可愛さについつい気が大きくなってしまいがちですが、
ここは一旦冷静になるべきところです。

一体、孫にとっては年間何回のボーナスがあるのでしょう?
●お正月にはお年玉
●クリスマスにはプレゼント
●誕生日にも更にプレゼント
あまつさえ
●5月5日のこどもの日のお小遣い
などもあるのです。

昨今では孫の日(10月第3日曜日)などというイベントすら喧伝され始めました。
孫全員に渡すとなれば相当の金額にのぼり、老後の生活を危うくしかねない勢いです。

もし全てのイベントに何らかの金品を渡しているのであれば、
「金銭を与えなければ孫が寄り付かないのでは」という
潜在的な不安の顕れではないか、己を疑ってみるべきでしょう。

孫にとっての親、つまり子供たちも、
金銭の与え方には何らかのポリシーを持っているはずです。

安易に流行りだからとお盆玉を渡す前に大人同士で
よく話し合っておく必要がありそうです。

まとめ

お盆玉は孫との結びつきを強めるきっかけでもある反面、
“おじいちゃん(おばあちゃん)のATM化”に拍車をかける恐れもあります。

孫の喜ぶ顔見たさにお盆玉を弾むもよし、
「私はメディアの戦略には乗らん!」と無視するもよし。

この機会に「お金と教育」について考えなおしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 夏の行事 , ,