これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

夏のお弁当対策のポイントと美味しいレシピと評判の良いおかず

   

スポンサードリンク

夏のお弁当
夏のお弁当は傷みやすいので注意が必要です!
腐りにくいおかずをよく考えて安心安全なお弁当で
美味しく食べてもらいましょう!

夏のお弁当の対策、評判が良かったおかずレシピなどを紹介します。

スポンサードリンク
  

夏のお弁当対策のポイント

夏のお弁当対策としてご飯に必ず梅干しを入れています。
ご飯を朝に炊き上げる時は少量のお酢を入れて炊く事もあります。

夏は前日に作り置きしたりあまりしないようにしていますが、
根菜などはやはり作り置きになってしまいますので
十分に火を通して入れる様にしています。

おかずに関しては必ず火を通した物を入れる様にしています。
生野菜なども入れたいのですが、必ずさっと火を通しています。

お弁当箱もご飯とおかずに分けた2段の物を使い
おかずの汁などがご飯にいかないようにしています。

それでも夏は腐りやすいという事もあり
お弁当袋に保冷剤や凍らしたお茶などを
一緒に入れて持って行ってもらってます

夏のお弁当 レシピ『もやしと人参とほうれん草ナムル』

1.人参を三等分に切り細切りにします。
ほうれん草は適当に三等分に切ります。

2.沸騰したお湯に塩を小さじ一杯入れて、
まず細切りにした人参を歯ごたえがあるくらいまで茹でます。

3.少し大きめのお鍋にお湯を沸かし
小さじ一杯の塩を入れて洗ったもやしを入れます。
もやしを入れぐらっと沸いたらほうれん草を投入しさっと茹でます。

4.茹でた野菜をザルにあげ水でよくさまします。

5.冷めた野菜をしっかり絞って水分を切ります。
全ての絞った野菜をボウルに入れます。

6.鶏ガラスープの素、大さじ1
ごま油大さじ1.5
塩少々を野菜の入ったボウルに入れしっかり混ぜます。

味見して塩味が足りなければ塩を足してください。
最後にゴマをたっぷり入れて混ぜて出来上がりです。

火も通っていますし、歯ごたえがあるのでオススメです。

夏のお弁当の美味しいおかずは豚肉と梅肉大葉巻き

夏のお弁当
夏のお弁当の美味しいおかずは豚肉と梅肉大葉巻きです。
レシピは豚肉のスライスに大葉を乗せ梅肉を大葉の上に塗ります。
その豚肉をくるくる巻きます。

フライパンで焼き、豚肉の色が変われば
お酒大さじ1、醤油小さじ1、生姜のすりおろし少々を混ぜ合わせたタレを
フライパンに入れて後は蒸し焼きにします。

夏の暑さで食欲がなくても
さっぱりして食べやすいですし、とても簡単にできます。

次に、夏野菜のバジル炒めです。
ナス、ズッキーニ、玉ねぎ、トマトをざく切りにします。
オリーブオイルをフライパンに適量入れて野菜を炒めます。
塩コショウを適量して、市販のバジルソースを絡めて出来上がりです。

バジルソースは少し塩辛いので
塩コショウはあまり多く入れないでください。

まとめ

夏はお弁当も腐りやすいので、なるべく梅干しなどを
おかずにも使うように心掛けています。
暑さで食欲が落ちていてもさっぱりした味付けが好評です。

スポンサードリンク

 - 料理 , , ,