これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

夏のお弁当は保冷剤や容器で食中毒対策!美味しいメニューやレシピを紹介!

   

スポンサードリンク

夏のお弁当
お弁当。
日本では平安時代からの歴史があります。小さな箱にたっぷりの愛情と美味しいおかず。
それは今も昔も変わりません。
私達は大切な人にはいつでも美味しく安全なものを食べてもらいたいものです。

しかしこれから来る夏。
冷蔵庫等に入れられない場合はお弁当はやはり心配です。
お昼に食べようとした時に傷んでいたり腐ってしまったりしては困りますよね。
そこで暑さにも負けないお弁当作りを紹介します。

スポンサードリンク
  

夏のお弁当の食中毒対策は周りから!遮熱と冷却を

お弁当が傷むのは皆さんご存知の通り雑菌の繁殖によるものです。
そして菌が最も増殖する温度はまさに夏場の気温 30~40℃です。

では逆に菌が増えにくい温度はというと65℃以上か10℃以下。
65℃以上にお弁当箱を保つのはやはり難しいので夏場は
出来るだけ冷まし尚且つ雑菌の繁殖を抑える事が大切と言えます。

そこで便利なものを紹介します。
まず、お弁当箱はステンレス製をおすすめします。
保冷また保温と両方の効果があり夏場はしっかり冷ましてから
蓋をすると外の暑さから中身を守ってくれます。

次におかずカップ。これはシリコン製が良いです。
おかず同士がつかないよう分けられカップごと冷凍もできるので
おかずごと凍らせて入れれば保冷剤代わりにもなります。

またレンジやオーブンでの使用も可能です。経済的でエコなのも良い点です。

そして蓋を占める前に抗菌シート。
ごはんやおかずの上に乗せるだけで
わさびやからしの成分が菌が増殖するのを防いでくれます。

最後に小さな保冷剤をひとつ。
保冷剤付きのがお弁当箱もありますがスーパーやケーキ屋等でもらえる
小さな保冷剤をとっておくと経済的で便利です。

そして出来れば遮熱の保冷バッグ等に入れると更に温度上昇を抑えられます。

最後に真夏は、気温がかなり高く食材が腐りやすくなりますよね?
お弁当には、必ず梅干しを入れます。

あとは、料理を冷ましてからお弁当に入れるようにしています。
それに、保冷剤を忘れずにいれたり、お弁当袋も保冷用を使います。
そうすると保存状態も良く腐りにくくなります。

食中毒になると体調に変化がでて
しんどい思いをしてしまいますので注意してあげます。

夏のお弁当は暑さにも負けないおすすめレシピ

入れておくと防腐剤代わりにもなる事で有名な梅干し。

“梅と大葉の混ぜご飯”
梅と大葉の微塵切りを白米と混ぜ最後に白ごまをふりかけます。
簡単で彩りも綺麗です。

生姜やお酢も食品が傷むのを防いでくれます。
“鳥団子の甘酢煮”
鶏胸肉をミンチにし醤油砂糖お酢(すし酢がオススメです)を
1:1:1で混ぜるだけ!しっかり煮込んで中まで火を通してください。
冷凍も可能です。お子様には少しケチャップを混ぜると良いですね。

“豚こま生姜焼き”
醤油 大2 みりん 大1に砂糖 大1.5に暫くつけてから焼くだけです。
片栗粉をまぶして揚げると生姜風味の唐揚げとしてアレンジもききます。
唐揚げにしたらそのまま冷凍しておくとあと一品の際に便利です。

もう一つ
夏のお弁当メニューは、常温で食べても美味しいチャーハンセットをお弁当に詰めます。
チャーハンや餃子など中華系をいれます。

餃子は、にんにくをいれることによって
美味しさや香ばしさがでますので良いですが、口臭が気になります。

中華でも、水っぽい麻婆豆腐や春雨炒めなどは、
腐りやすいかと思いますので入れないほうがいいです。
それにお弁当から汁が出てしまい汚れやすいです。

あとは、和食メニューです。和食は、
体に良い日本人に合う味付けが多いので、健康になれると思います。

仕事をしている忙しいママさんは冷凍食品でも良いと思います。
最近発売されている冷凍食品は、電子レンジで解凍しなくても
自然解凍できるものがありますので、いれるだけでとても便利です。

夏のお弁当のポイント みんな大好き間違いない夏おかず

夏のお弁当 ポイント
特におすすめなのはカレー粉を使うおかずです。
カレーはみんな大好きではないでしょうか。

またカレーのスパイスは夏場の疲れた体でも食欲をそそります。
タンドリーチキンや白身魚のカレーフリッター等また卵焼きに
少量混ぜるとカレー風味に。
大人も子供も喜ぶおかずです。

また冷凍食品を上手に取り入れるのも手です。
自然解凍OKのものなどを一品入れておくと保冷に効果的です。
ほうれん草のお浸しやお弁当用の小さなハンバーグなどは
朝冷凍のまま入れるだけでお昼には丁度食べ頃になります。

生野菜や練りものマヨネーズは傷みやすいので使わないようにしましょう。
お弁当の定番ウィンナー等の加工食品はしっかりと火を通してから入れてください。

まとめ

最後にお弁当箱の洗浄消毒乾燥はしっかりしてください。
素手で触るのも避けた方が良いです。

夏場も暑い中で仕事に勉強に頑張る大切な人には
安全で美味しいお弁当を食べてスタミナチャージして欲しいですね。

スポンサードリンク

 - 料理 , , , ,