これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

本革ソファーの手入れ・汚れ落としのポイント!補修で長持ちせるコツ!

   

スポンサードリンク

本革ソファー 手入れ
本革製品は手入れを怠ると、色あせたり、ヒビが入ったりと
老朽化が目に見えてわかるようになります。

せっかく奮発して買った高級感溢れるソファー。
大事に手入れして長持ちしたいものです。
そこで、失敗しない手入れ方法をリサーチしてみました。

スポンサードリンク
  

本革ソファーの手入れポイント

本革は熱や水分、ホコリや人間の体から出る油脂に弱い製品です。
ですので、普段から小まめに手入れをする事が必要となってきます。

まずは、直射日光を避けること。日光に当たりすぎると乾燥し、ひび割れの原因になります。
インテリ的に窓側へ配置する場合は、カーテンなどで直射日光を避けてあげましょう。

次はホコリです。ホコリがつくとカビの原因になるので、
普段からブラシ等で溝のホコリを取ったり、柔らかい布を使用して
優しく撫でるように拭く事をオススメします。

硬い布やゴシゴシ拭く事は痛みの原因になります。
掃除機を利用するのも良いですが、
傷が付かないようにある程度、離してから使用しましょう。

後は、市販されている本革ソファー用のクリーナーで手入れをします。
注意点としては同じ革製品だからと、靴用などを使用しない事と、
革によっては変色する場合があるので、
裏側で見えない所に少し吹きかけて変色しないか、確認が必要です。

また、クリーナーでの手入れは1ヶ月前後に1回が目安となります。

あなたの本革ソファーの汚れ落としは合ってる?!

飲み物や食べ物をこぼした場合はすぐに、よく絞った柔らかい布で拭いて下さい。
その後は、乾拭きします。

どうしてもシミになりそうであれば、
ぬるま湯に中性洗剤を入れて薄めた液に柔らかい布をつけ、
よく絞ります。そして優しく拭き取るように拭いてみてください。
その後にはきちんと乾拭きします。

それでも、落ちない場合は専用のクリーナーを使用してみてください。

汚れ落としでやっていけない事は、ドライヤーなどの熱で乾かしたり、
除光液や漂白剤、ハンドクリームなどで拭く事です。
間違った認識は、革製品を痛めたり、カビを作ってしまう原因になってしまいます。

どうしても自分では心配と思うっている方は、市販でも売っているので、
それを利用して手入れを行う事をオススメします。

本革ソファーの補修について

本革ソファー 補修
小さなお子さんやペットを飼っていると、
どうしてもヒビが入りやすくなったり破けてしまう事があります。
専門家にお願いすると張り替えになったりしてどうしても高くなってしまいます。

なので、自分で修理できるなら修理したいと思っている方が多いかと思います。

そんなあなたにオススメは、ホームセンター等で販売している
「合皮の修正シート」や「補修クリーム」を使用する事をオススメします。

シートは破けた部分を裏側から貼り付ける簡単な方法ですが、
ひび割れの補修は少し手間がかかります。

クリームだけで補修していきながら、保護クリームも使ってひび割れを修正していきます。
これを何回かに分けて行います。

それでも、自分の力だけでは不安と思っている方は、
シート全体の張り替えではなく、リペア修理という方法で
業者の方に依頼する事をオススメします。

張り替えよりもお金もかからず、1日で出来る補修方法です。

まとめ

本革と一言で言っても、革の種類によっては若干手入れの仕方が変わってきます。
ですので、基本的な普段の手入れは一緒ですが、使うクリーム、スプレー等はきちんと、
その革に合った物を選んで使用してください。

きちんと手入れすれば、何年も持ちますし、愛着も更に湧いてくるかと思います。
間違った方法ではなく正しい方法で大事なソファーを可愛がってください。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , ,