これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

中秋の名月!2016の今年はいつ?その意味と用意する食べ物は?

   

スポンサードリンク

中秋の名月
中秋の名月。
日本ならではの季節ごとです。
正しい意味と過ごし方を知って、2016年の仲秋の日を満喫しましょう♪

スポンサードリンク
  

中秋の名月!2016の今年はいつ?

中秋の名月とは、旧暦8月15日見られる月のことです。
15日に見られることから、「十五夜」と呼ばれているのです。
日本ではこの日にお月見をするのがならわしとなっていますね。

しかし実際の中秋の名月は8月でもなければ15日でもありません。
毎年日付が異なりますが、今年2016年は9月15日が中秋の名月になります。
旧暦の8月15日なので、実際の日付とはこれだけ差があるのです。
毎年9月だったり10月だったりします。

よく勘違いされがちなのが、お月見をすることで
この日が「満月」だと思っている人が多いようです。

しかし必ずしも中秋の名月の日に満月となることはなく、
タイミングが合わなければ満月にはならないのです。

これは旧暦が刻む時間と、天体の運動の間にはわずかながら誤差があるからです。
今年の満月は、2016年9月17日(土曜日)の午前4時5分ごろになります。
中秋の名月の翌々日なんですね。

中秋の名月の意外と知らない本当の意味とは?

中秋の名月の意味をご紹介します。
本来の意味や由来を理解して、より日本ならではの習慣を楽しみましょう。

まず昔の暦では、7月から9月を秋としていました。
そのため秋の真ん中、つまり8月を「中秋」としていたわけです。
そして更にその8月の中の満月が綺麗にみられる日のことを、
「中秋の名月」と呼んだのです。

しかし満月はおよそ月に1度訪れるものです。
なのでわざわざ「中秋」にこだわらなくても、
中春でも中夏でも中冬でもいいわけです。

8月の中秋になったのは、1年のうちで最も空気が澄み切り、
月が綺麗に見えるのが8月だったからなんです。

ですからその日だけは是非ゆっくり月を眺めてもらいたいのです。

月には不思議なパワーがあると言われていすので、
日ごろの疲れやストレスから自分を開放し、
ただただ月の綺麗さを味わってくださいね。

こんな風情のあるいイベントは、日本だからこその楽しみなんですから♪

中秋の名月!用意する食べ物は?

中秋の名月
お月見といえば真っ先に思いつくのが「お団子」ですよね。
これを山盛りにしてススキと一緒にお供えするのが一般的ですね。

このお団子も、ピラミッド状に積むことで
「月まで届くように」と願いが込められています。
数に決まりはありませんが、パターンとしては次のような考えがあります。

◇年のうちに満月が12回である→12個
◇うるう年には13回→13個
◇十五夜→15個

最も一般的なのが12個のようです。

そもそも中秋の名月は、収穫物への感謝を表す習わしでした。
そしてこの8月ごろに丁度収穫される野菜が、
芋だったことから、芋を使って宴をする地域もあります。

ある地域では、「芋煮会」と呼ばれるイベントを行っているところもあります。
中秋の頃に河川敷などで、里芋をたっぷりといれた鍋を、家族や同僚たちと食べるようです。
全く知らない人がここへ引っ越すとはじめはびっくりすることでしょう。

しかし、このように地域一体となって風情を味わうのはとても素敵なことですよね♪

まとめ

今年の中秋の名月は今年は9月15日で、
その日に12個の月見団子をお供えしながら月を眺めるということです。

せっかくの風情を味わえる習わしですので、
是非美味しいお団子を食べながら家族でお月見を楽しみましょうね。

スポンサードリンク

 - 秋の行事 , , ,