これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

秋分の日は何をする日?その意味や食事は何を用意するべき?

   

スポンサードリンク

秋分の日
国民の休日「秋分の日」。
これっていったい何ための日なのでしょうか?
意味やするべきことなど分かりやすくご紹介していきます♪

スポンサードリンク
  

秋分の日とは何をする日?

そもそもなぜこの日が祝日なのかよく分かりませんよね。
だって夏至や冬至は休みじゃないのに、
秋分の日と春分の日は祝日なんですから!

休みにするくらいだから何かちゃんとした意味があるはずですよね。

正解は、「お彼岸」です。

春分の日と秋分の日は、春のお彼岸と秋のお彼岸の日なのです!
ですから「先祖のお墓参り」に出向くための日ということになります。

その日に必ずということではなく、お彼岸の時期として、
秋分の日や春分のひから前後3日間がその時期とされているので、
その間で帰省しお墓参りをします。

この日にお墓参りを兼ねて実家や知り合い宅、お寺に出向きます。
そしてお供えをして先祖たちに感謝の気持ちを示します。

この時期には、お墓参りをするだけでなく、
お寺で開かれる「彼岸会」というものに参加するのもよいでしょう。

この彼岸会は、故人の供養をすると同時に
「六波羅密」の教えを会得するためのものです。

秋分の日の意味とは?

秋分と春分の日、ともにお彼岸であることは間違いないのですが、少し意味が違います。
秋分の日は祖先を敬って、召された人たちをしのぶ日。
春分の日は自然をたたえて、生物をいつくしむための日とされています

お墓参りや実家への帰省は変わりませんが、
気持ちの面でどういった思いでいるべきなのかが変わりますので、
知っておくとよいでしょう。

そもそもこのお彼岸とはいったい何を意味するのでしょうか?

「彼岸」とは、三途の川の向こう側(仏様)の世界のことを示します。
逆に私たちがいる世界を「此岸」といいます。

この二つの世界において、「此の迷いの岸である現実の世界から、
彼の悟りの岸である仏の世界へ到達する」という意味です。

そして持参するべきお供えでベターなものが、おはぎやお団子です。
しかし日持ちしないためたくさんあっても困ってしまいます。

ですから、日持ちのする菓子折りやお酒、フルーツなどにしてもよいでしょう。

そもそも先祖に感謝する日という原点に返れば、
先祖の好きだったものを食べ物でも飲み物でも嗜好品でもいいので
用意するのが一番よいお供えかと思います。

秋分の日の食事は何を用意するべき?

秋分の日 食事
秋分の日には何を食べるとよいのでしょうか?
親族が集まる場でもありますので、
食事も何を用意しておいたらよいのかご紹介します。

まず食べるとよいものは、「おはぎ」や「ぼたもち」です。

材料に使われる小豆の朱色が、
災難から身を守る除厄の効果があるとされていたからです。
お供えにもよいですし、その場で振る舞うこともできます。

またお供え膳を用意する場合は、普段食のように「一汁三菜」を用意するとよいです。
これもたくさん作ればそのまま食事として振る舞うことが出来るので、一石二鳥です。

秋分の日は「食の秋」の時期ですので、
旬の食材をたくさん使うことをおすすめします。
例としてあげると、

◇きのこの炊き込みご飯
◇秋野菜の煮びたし
◇なすの塩もみ
◇マツタケの汁もの
◇さんまの塩焼き

故人の仏壇の前で、思い出話に花を咲かせながら、
おはぎやお食事を楽しみ、お供えをすることで故人を「オモテナシ」しましょう。
お団子はお彼岸の初日にお出迎えとして、最終日にお土産としてお供えしましょう。

まとめ

故人に感謝の気持ちを込めて行うお彼岸です。
美味しいお団子でお迎えし、私たちの元気な姿を見せてあげましょうね。
春分の日、秋分の日は是非親族揃って思い出話をしましょうね。

スポンサードリンク

 - 秋の行事 , ,