これが知りたい!お役立ち情報

季節のイベントやいざという時にきっと役に立つ!

*

結婚式のスピーチ!失敗しない友人に送る手紙と例文

   

スポンサードリンク

結婚式 スピーチ
幼馴染の結婚式!
とっても喜ばしく、友人としても嬉しいものです。

でも友人代表のスピーチを任されてしまった!
初めてのスピーチを失敗しないためには・・・?!

スポンサードリンク
  

結婚式のスピーチ!友人への手紙の書き方は?

結婚式でスピーチをお願いされることはとても嬉しいことですよね。
式をあげる当人の多くの友人の中の代表に選ばれたわけですから。
でも内心、とっても不安じゃありませんか?

多くのゲストの前で、大注目を浴びてのスピーチは本当に緊張してしまいます。
そこで当日いきなりスピーチをしても、まとまりがなくなりますし、
とっさに気の利いたことを言える人はそう多くないでしょう。

そのため、スピーチでは「手紙形式」が主流となっています。
伝えたい事や、新郎新婦との思い出を簡潔に、
なおかつお祝いのメッセージを盛り込むとよいですね。

頼まれるのは何か月も前でしょうから、じっくり考える時間もあります。

新郎新婦、更には親族や他の招待客の心にも残るスピーチが出来ることが理想です。
手紙であれば、親しみを込めた話し口調で喋れるので、
その点も手紙形式がとても良いのです♪

結婚式のスピーチ!友人代表の時間配分は?

そんなスピーチの時間は一体どれくらいに収めればよいものなのでしょうか?

みなさん、結婚式のスケジュールが過密なことはご存知ですか?
私たちが見て聞いて、料理を食べている間も式のスケジュールは進行しているんです!
計画の段階から、分刻みで予定を立てているのです。

だいたい何分間という曖昧なものではなく、
この余興に12分、上司のスピーチに4分・・・

など、本当に事細かに設定されています!

なので、決められた時間を守らないと、
それ以降のスケジュールがすべてずれてきてしまいます。

友人代表のスピーチに与えられる時間は、平均5分ほどとされています。
この時間に収まる内容の手紙を書く、
又、話すスピードも練習しておかなければなりません。

内容的には5分にしたつもりが、
緊張で話すスピードが速くなって3分で終わってしまった!
なんていう失敗談もよく聞きます。

ですから手紙を書く際には、少し時間が余る程度のボリュームに抑え、
後は話すスピードで調整できるようにするのが理想的です。

結婚式のスピーチ!友人としてのスピーチの例文!

結婚式 スピーチ
最後に、具体的なスピーチの例文を紹介します。
思い出話などは、様々ですので、誰もがしなければならない、
「お祝いの言葉」「自己紹介」についての例文です。

参考にしながら考えてみてくださいね。

◇お祝いの言葉
新郎新婦の名前を呼んだあとに、

「本日はご結婚誠におめでとうございます。
また御両家・御親族の皆様方におかれましても、心からお祝い申し上げます。」

「ご結婚おめでとうございます。
ご両家並びにご親族の皆様には心よりお慶び申し上げます。」

◇自己紹介

「ただいまご紹介に預かりました○○と申します。
(新婦の名前)さんとは幼稚園時代からの付き合いで、大親友です」

「私は(新郎の名前)さんとは、会社の同期入社で知り合いました。
今では良きライバル、相談相手として長いお付き合いをさせていただいています」

友人代表なのに、結構堅い言葉ばかりですね。
結婚式は友人といえども「親しき中にも礼儀あり」のスピーチを大切にしてください。
友人だけでなく、親族や会社の上司の方も見えるので、ため口はNGですよ!

まとめ

スピーチはうまくできそうですか?
いくら友人だからといっても礼儀作法は大切にしなければなりません。

かといってガチガチにする必要はなく、さん付けで呼ぶことや
「ですます口調」を使うことさえしていれば、
とても好感の持てるスピーチになるので安心してくださいね。

スポンサードリンク

 - 豆知識 , , , , ,